86年にクリーブランドで開催されたバルーンフェスティバルが人災になった

30年以上前、米国最大のチャリティ団体ユナイテッドウェイのクリーブランド支部が、寄付集めのための大規模なイベントを開催しました。 そのイベントで、ある世界記録を更新して注目を集めようというのです。150万個の風船を空に放とうという計画でした。

Pinterest

1986年9月27日、約2,500人のボランティアがクリーブランド市街の広場に集まり、世界記録更新の一大イベントに参加しました。ヘリウムガスを注入した風船が午後1時半、一斉に放たれました。

Pinterest

色とりどりの風船は、クリーブランド市街地全体に散らばりました。風に乗って大きなうねりとなった無数の風船は圧巻でした。市民やボランティアは言葉を失いただ見とれていたと言います。

Pinterest

ところが、当時次の点まで考えていた人はいませんでした。風船がしぼんで地面に落ちたら、誰がゴミとなった風船を拾うのでしょう?

Pinterest

一旦風船が空に放たれてしまうと、この慈善活動を目的としたイベントは、大きな汚点として歴史に名を残すことになりました。

Pinterest

まず風船の影響を受けたのはバーク・レイクフロント空港でした。しぼんだ風船が滑走路を覆ったため、一時空港閉鎖を余儀なくされたのです。

Pinterest

風船はエリー湖も覆い尽くしました。風船が空に放たれてしばらくすると、救急ヘリコプターの元に風船の嵐に巻き込まれて行方不明になった釣り人2名の捜索願いが入りました。最後に目撃されたのはエリー湖ということでしたが、救出チームは色とりどりの風船が浮かぶ湖で2人を見つけることができません。その後釣り人は湖の岸辺で遺体で発見されました。

風船は周辺の都市にも飛んで行きました。風船のほとんどは雨や気温の低下によって地面に落ちていきました。まるで「プラスチックゴミ」の猛吹雪のようだったそうです。

Pinterest

その後、イベント主催者のユナイテッドウェイ・クリーブランド支部は事件の責任を負うことになりました。もちろんこのイベントで世界記録は更新したものの、いい加減な計画によって悲惨な結果を招いたイベントとして人々の記憶に残っています。

コメント

おすすめの記事