世界で最も美しいとされる馬。専門家がその毛を分析し、あぜんとした。

馬は優雅でとても美しい動物です。その馬の中でも際立って美しいといわれている品種をご存知でしょうか。 「世界で最も美しい馬」の称号を付与されたのもこの品種の馬でした。

賞を受賞した馬は、「アハル・テケ(Akhal-Teke)」という中央アジアで生産されている品種の馬で、原産地はトルクメニスタン。肉体が織りなす曲線と光沢が見事なこの品種は、別名「黄金の馬」とも呼ばれています。ただ美しいだけでなく、抜群の持久力と暑さに対する抵抗力があり、サラブレッドのルーツでもあるという非常に優秀な品種のようです。現在のところ世界で約1250頭しかいない希少な品種で、中国ではシルクのような光沢のある毛にちなんで「天から来た馬」と呼ばれているそうです。

光を浴びると金色の光沢を放つ毛には、確かに神秘的なものを感じずにはいられません。この馬の毛を分析した専門家によれば、これは皮膚が薄く、体毛の色素が薄いため、毛が光線を反射することによって輝いているように見えるのだとか。光の当たり具合で金色や銀色の金属的な光沢を見せます。

神々しい!

出典

Perfecto

コメント

おすすめの記事