アメリカ空軍大佐は生き別れた日本の母親を探し当てた。そして母親が経営するレストランの名前を見た瞬間、泣き崩れた。

皆さんは、自分のアイデンティティについて考えたことはありますか?今回紹介するのは、アメリカと日本という2つの国の間で揺れ動いた、ある空軍大佐の感動的なストーリーです。

当時45歳のブルース・ハリウッドは、自由の国アメリカで何不自由ない生活を送っていました。空軍大佐として出世し、美しい妻と子宝に恵まれ、絵に描いたような幸せな人生を生きていました。

ただ一つ、子供の頃からずっと気になっていることがありました。それは、米軍関係者のアメリカ人の両親と自分の見た目が決定的に異なっているということでした。父親はアイルランド系、母親はノルウェー系にもかかわらず、なぜかブルースは明らかにアジア人の見た目をしていたのです。子供ながらに、ブルースはそこに複雑な事情があることは理解していました。ブルースは育ててくれた両親に感謝して、特に深く追求することはありませんでした。

アメリカ人の両親は、いつもブルースにこういい聞かせていました。
「あなたは私たちに選ばれたの。あなたは誰よりも特別なのよ」

Always there

そんなブルースに転機が訪れたのは、2005年のことでした。アメリカ国防総省の本庁舎ペンタゴンの駐車場で、突然の心臓発作を起こしてしまったのです。その時ブルースの頭に「死」がよぎります。そして今までの人生で成し遂げられなかった2つのことが強烈に頭に浮かんできたのです。

ひとつ目は、息子の大学受験の手伝いをしてやれないであろうこと、そしてもうひとつは、自分を生んでくれた本当の親に会うことはないだろうということでした…

病院で目覚めたブルースは、自分が一命をとりとめたことを知りました。しかし、死の淵に立ったときに自分が感じたことから目を背けることはできません。心の奥底では、自分は生みの親に会いたいのだということをはっきりと自覚したのです。

Intravenous drip

ブルースは、アメリカ人の両親から、自分の生みの親が日本人であるということを聞いていました。ブルースは、ありとあらゆる手を尽くし、日本の生みの親を探そうと決意します。実はそれは、その時すでに亡くなってしまっていたブルースの育ての親が望んでいたことでもありました。

しかし決して簡単ではありませんでした。もう何十年も昔の話、しかも遠く離れた国の人物を探すことは不可能に近いものでした。ブルースは、アメリカの両親が与えてくれたわずかな情報を頼りに日米の大使館を訪ねたり、私立探偵を雇ったりしましたが、無駄でした。やれるだけのことはやったと、生みの親を探すことは断念します。

Awaiting

しかし数ヶ月後、ブルースにまたしても転機が訪れます。たまたま仕事でドイツに向かう際、空港で立ち寄ったワインバーである人物と会うのです。その人物はハリー・B・ハリス・ジュニア。日系アメリカ人として初めてアメリカ海軍で大将となった男でした。同じ日系人として、ブルースとハリーはお互いの身の上話を打ち明けます。生みの母親に会いたいと思っていたことを話すと、ハリーは意外なことを言い始めます。
「ブルース、君を助けられるかもしれない」
ブルースはあまり期待していなかったものの、自分が持っている母親に関する情報すべてをハリーに渡したのです。

Antique Phone

その10日後、ペンタゴンのブルースのデスクの電話が鳴り響きました。日本大使館からでした。
「ハリウッド大佐、お母様のオオウチ ノブエさんを見つけることができました」
ブルースは一瞬何が起きたか分かりませんでしたが、ハリーが何らかの手助けをしてくれたことをすぐに理解しました。
「素晴らしい!母親に手紙を書くのを手伝ってくれますか?」
「ハリウッド大佐、手紙は必要ありません。お母様は10分後、あなたに電話をかけてきます。しかし、お母様は英語は話せません。グッドラック!」

10分後、ブルースは会ったことのない日本の母親からの電話を受けていました。職場の通訳ができる人間を介して、ブルースはまだ見ぬオオウチ ノブエとついに話すことができたのです。ブルースは日本の母親に、自分が今どれだけ満たされた人生を送っているか、そして同時にどれだけ自分が感謝を感じているかを伝えました。すると母親はブルースの理解できない日本語で何かを言いました。通訳はその言葉をブルースに伝えます。
「明日はお母様の65歳の誕生日だそうです。そして、人生の時間全て望み続けた誕生日プレゼントは、あなたが戻ってくることだったとおっしゃっています」

日本人の母・ノブエは、ブルースに会いにアメリカに行くと言います。しかしブルースはそれを拒み、こう言いました。
「いや、私からあなたの住む日本に行かせてください」

それからさらに10日後、ブルースはついに生みの母親が住む静岡県に到着しました。長い時間をかけて、ついに親子は再会することができたのです!しかし、さらに驚くべき事実が待ち受けていました。

なんと母親のノブエさんは、自分の経営するレストラン・バーに「ブルース」という名前をつけていたのです。それは言うまでもなく、ずっと愛していた息子の名前から取ったものでした。

そしてブルースの知ることのなかったさまざまなストーリーを、ノブエさんは語り始めました。

ブルースの父親はアメリカ軍人でした。父親はノブエと結婚するため必要な書類を作成している際に、サウスカロライナへの帰国を余儀なくされてしまったと言います。アメリカに帰国した数ヶ月後に連絡があったものの、ノブエさんはもはや彼を信頼することができませんでした。その時、ノブエさんはすでに妊娠していました。

息子が生まれると、ノブエさんの父親が面倒を見ると言ってくれたそうです。しかし日本で混血の私生児が生きるのは難しいだろうとノブエさんは判断し、当時米空軍に勤め日本に駐留していたハリウッド夫妻に養子に出したのです。

ノブエさんは、1枚の写真を取り出します。それはノブエさんが何十年も大切にしてきた赤ん坊の頃のブルースの写真でした。育ての母エレノアは、アメリカに帰る際にノブエさんにその写真を渡し、ブルースという名前をつけたことと、必ず幸せにすることを伝えていたのです。

再会を果たしたブルースとノブエさんは、その後頻繁にお互いの元に通い、喜びを分かち合いました。ブルースは日本語を学ぶようになり、ノブエさんは英語を学び始めました。ふたりはとても幸せでした。

Flowers

そして再開から3年後、ノブエさんは心臓発作でこの世を去ります。きっと最後の日々は、待ち続けていた息子と会うことができ、満たされていたのではないでしょうか。

別れは悲しいものでしたが、ブルースはもう迷うことがありません。日本人の生みの親と出会えたことで、自身の「日系アメリカ人」というアイデンティティはさらに強いものになりました。日本とアメリカの架け橋になるため、ブルースは日系アメリカ人コミュニティに参加し、日系アメリカ人退役軍人協会事務局(Japanese American Veterans Association)と、国立日系米国人慰霊碑(Japanese American Memorial to Patriotism During World War II )を管理するアメリカ合衆国国立公園局で活動を続けています。

ブルースは言います。
「この12年で、私はついに『日系アメリカ人』になったのです。その前は、日系としてのアイデンティティはありませんでしたから。ただ日本人の特徴を持っているに過ぎなかったのです。しかし今は違います。私はしっかりと日系のコミュニティの中にいて、とても強い誇りを感じているのです」

しかしブルースにとって何よりも重要だったこと、それは自分の生みの親が自分のことをずっと愛し続けていてくれたと知ることができたことに違いありません。

いかがでしたか?人は自分のアイデンティティを知った時、強く前に進んでいけるのかもしれませんね。ブルースがこれからも日米の架け橋として、ますます活躍していくことを心から願っています。

コメント

おすすめの記事