お墓にもユーモアを: 最期の言葉オモシロ15選

欧米のお墓事情といえば、墓石に故人の名前と生没年月日が刻まれたものが一般的です。中には聖書の一節や故人を偲ばせる一文が刻まれた墓石もありますが、死者が永遠の眠りにつく墓地にふさわしく、厳かで静寂な雰囲気にふさわしいものばかりです。

「ここに眠る人は一体どんな人物だったのか?」「なぜこの文章を墓石に残したのか?」刻まれた墓銘から、墓地を訪れる人々は墓に眠る見知らぬ故人の在りし日の姿や人となりについて想いを巡らせることができます。

一度目にしたら、頭から離れなくなりそうな想像力を掻き立てられる墓銘を選んだ15人の墓石を紹介します。墓石事情の常識を覆す、ユニークな墓石揃いです。

1. 「じゃあね」

2. 「ママのクリスマスクッキー: レシピ付き」

3.  ジャーナリストのウイリアム・アレン・ホワイトの墓石: 「ここに無神論者が眠る。着飾っても行くところがない」

4. 「あなたの知らないことを知ってるよ」

Imgur/FilthyMrClean

5. 「軍にいた時、2人を殺してメダルを授与された。でもある人を愛したら除隊された」同性愛を禁止するアメリカ軍の法律に抗議して、同性愛をカミングアウトし、軍事裁判にかけらたベトナム戦争退役兵レオナード・マトロヴィッチの墓石。悲しく重みのある碑文。

6. もしや、レシピ墓銘が流行中? こちらはケイのチョコファッジ。

7. かなりタフなお年寄りだったそうで...「サミュエル・ホイットモア、1775年80歳で3人のイギリス兵を殺し、銃剣で撃たれ殴打され瀕死の状態で放置された。しかし回復し98歳まで生きた」

8. 「そんなにつまらないことを言うな」

Reddit/GlobindobinButler

9. 「もうなんでもいいよ」

10. 簡潔なメッセージ:「ったく最悪だな」

pin

11. ガーナーの特技は死後も広く知られているそう:「ここに最高の密造酒野郎が眠る」

12. 「やらかした」

13. 「笑いの才能と世界が狂っていることを察知するセンスともに生まれた」

14. この石の下にブレーキ踏もうとしてアクセルを踏んでしまった明るく幸福な女の子が眠る。

15. 「ここにあるのは抜け殻だけ」

故人の在りし日の姿を物語るユニークな墓石の数々、いかがでしたか? 一人一人が墓石を持つ文化ならでは、故人のセンスが光る墓銘ですね。

出典

Bored Panda

コメント

おすすめの記事