動画: 細い華奢な13歳から響き渡る力強いソウルボイス

英国出身の13歳、コートニー・ハドウィンはごく普通の女の子です。しかし、アメリカの公開オーディションのリアリティ番組「アメリカズ・ゴット・タレント」の舞台に上ったコートニーは、審査員と会場の何千もの聴衆たちを一瞬で釘付けにしました。「ちょっと緊張してます」舞台に登場したコートニーは、若干震える声で審査員の問いかけに答えます。

Youtube/America's Got Talent

しかし、曲が始まると、それまでのはにかみ屋の13歳の表情は一転、力強いパンチの効いた歌唱力で会場を圧倒します。

オーティス・レディングの1968年ヒット曲「Hard To Handle」の一曲目をソウルフルに歌い上げるコートニー。先ほどの内気な少女と同一人物とは信じがたいほどのパワフルで見事な歌いっぷりです。

 

Youtube/America's Got Talent

一気に会場の心を鷲掴みにしたコートニー。まだあどけない13歳の細い体からこんなに力強い歌声が発せられるなんて、誰が想像したでしょう。

「君は異次元の女の子だね!」審査員の一人ホーウィ・マンデルは感激し、各審査員が1シーズンにつき1度しか押せない『ゴールデン・ブザー』を押します。コートニーは準決勝進出が確定された瞬間でした。

それにしても、なんという才能。緊張した面持ちから一転の堂々としたパフォーマンスといい、舞台に立つために生まれてきたのかもしれません。「音楽に陶酔し歌っているときほど、心地よい瞬間はないわ」とコートニー。将来が楽しみですね。

出典

Faith Tap

コメント

おすすめの記事