妻への手紙に「離婚したい」と書いた夫、対する妻の言葉が信じられない!

夫が妻に「離婚したい」と伝えるために手紙を書きました。しかし、妻からこんな返事が返ってくるとは、思ってもみなかったでしょう....

ż.

「妻へ、

この手紙を書いているのは、君の元から去ることを決めたからだ。

7年間、僕はいつも素晴らしい夫だった。君は僕のために何をしてくれたことがある?特に、ここ2週間は地獄だった。そして今日、君の上司から君が仕事を辞めたって連絡が来たよ。何考えてるんだ?

先週、僕が髪型を変えたことに君は気づいてもくれなかった。ディナーに君の好物を作って、新しいシルクのボクサーをはいていたのに、一言もなんとも言ってくれなかった。ろくに食べずに食事を終え、いつものようにテレビドラマを観て寝てしまった。

君は最近、「愛してる」と言ってくれなくなった。夜の営みだってもう長いことしてない。夫婦でいる意味がないみたいだ。

君に別の男ができたのか、僕のことをただもう愛していないのか、それはわからない。でももう、そんなことどうでもいいんだ。さよなら!

元夫より

P.S. 探さないでくれ。君の妹と引っ越すことにしたんだ。いい人生を送ってくれたまえ」

Divorce

「親愛なる元夫へ、

あなたからの手紙ほど最近嬉しかったことはないわ。この7年間の地獄のような年月、あなたは最低な夫だった。テレビドラマをいつも観ていたのは、そうでもしないとあなたの愚痴から逃れられなかったから。あなたが髪型を変えたの、気づいていたわ。でも、母に良いことだけ言うように躾けられて育ったから、なんだか女の子みたいな髪型だとしか思ったけど何も言わなかったの。

ディナーにポークチョップを作ってくれたけど、明らかに妹の好物と私の好物を取り違えてるわ。私、ここ4年間ベジタリアンで、お肉なんて食べないじゃない。シルクのボクサーパンツ、あら、と思ったけど、50ドルの値札が付いていた。先週、妹に50ドル貸したのを思い出したわ。

それでもあなたとやり直したいと思っていた。だから昨日、宝くじで200万ドル当たった時、真っ先にジャマイカ行きのチケットを2枚買ったの。それで帰宅したらあなたはいなくなっていて、くだらない手紙が置いてあった。

物事には必ず理由があるのよね。あなたにも充実した人生を送ってほしいわ。言い忘れたけど、妹のマルティナは、マーティンとして生まれたの。生まれた時は弟だったってわけ。後々問題にならないといいけど。弁護士によれば、あなたからの手紙のおかげで、あなたには1セントだってあげる義務はないみたい。

いい人生を送ってくれたまえ

自由を謳歌する元妻より」

YEAH

コメント

おすすめの記事