ジョーク:見慣れない犬が毎日来るようになり、ある日首輪に手紙をつけてきた

 あるとき、1匹の年老いて疲れた様子の犬が庭に迷い込んできた。首輪を付けていたし、太っていたので野良犬ではないことはわかった。

old dog resting

 犬がのっそりと私の後をついてきたので、耳の後ろをくすぐってあげた。すると、私の後に続いて家の中に入ってきて、ゆっくり歩くと廊下の隅に落ち着いて丸くなって眠り始めた。

 1時間後、目覚めた犬がドアまで行ったので外に出してあげた。

 翌日、犬は戻ってきた。庭で私に挨拶すると、家に入ってきて、また廊下の隅に寝そべって1時間ほど眠った。こんなことが数週間ほど続いた。

 ある日、好奇心からこの犬の首輪にメモをくくりつけてみた。

「とてもお利口さんでかわいいこの子の飼い主はどなたですか?この子はほとんど毎日、昼寝をしに我が家に来ていますよ」

 翌日、この子がまた昼寝をしに来た。すると首輪に違うメモが挟まれていた。

 

「この犬は、3歳以下の子供を2人含む計6人の子供がいる家に住んでいるので、睡眠を確保しようとしているんでしょう。私も明日そちらにお邪魔してもよろしいですか?」

Sampson Sleep
出典

nymeta

コメント

おすすめの記事