ビデオ : お昼寝中の男性にチーターが添い寝

ドルフ・フォルカーは、チーターが得に大好きだという動物愛好家です。2014年と2015年の夏の期間中、ドルフは南アフリカのチーターの飼育専門の非営利団体「チーターエクスペリエンス」でボランティア活動に取り組みました。このボランティア先で、ドルフは人懐こく優しい性格の3才のメスのチーター、エデンに出会います。

 Youtube

このチーターにとって一目惚れのようなものだったのでしょうか、ドルフに初めて出会った時から、エデンは彼の傍から離れなくなったというのです。

Youtube

ドルフが木の下で昼寝をしていると、エデンはドルフに近づいてドルフの頭や耳元を愛おしそうに舐め始めます。しかしチーターは他のネコ科の動物同様、ザラザラした舌を持っているため、かなり痛そうです。愛情表現である甘噛みも、チーター級になると普通の猫とは比べ物にならない鋭さでしょう。

一通りドルフを舐め回したエデンは、ドルフの横に寝そべり、少し毛繕いをした後、ドルフに寄り添ったまま眠りに落ちたのです。もう、愛が溢れて止まらない!といった状態です。

Youtube

ドルフはエデンの愛情表現を録画しています。(英語音声のみ)

この動画が2015年にネットで公開されて以来、エデンは世界中のファンの心を捉え魅了してきました。ドルフによれば、動物たちと関係を築くための秘訣は添い寝をすることだそうです。

チーターは本来、獰猛な捕食動物であり世界最速の陸上哺乳類です。そんな野生動物の、普段は見れない愛情深い一面に出会えたような気がします。


生き物たちと仲良くなりたいという情熱を追求し続けるドルフの貴重な体験レポート、今後も期待しています。

コメント

おすすめの記事