動画: ピンチ!窮地に陥ったインパラの救出に駆けつける男性

ジンバブエ国立公園で水を求めさまよっていた1頭のインパラが、干上がった川床の深いぬかるみにはまり込んでしまいました。 首近くまで深く泥につかり、ぬかるみから出ようともがけばもがくほど、一層深く泥の中に沈み込んでいきます。国立公園を訪れていた観光客が窮地にあるインパラに気づきました。すっかり体力を消耗したインパラ、残された力はほとんどありません。一刻も早く行動を起こす必要がありました。

Youtube/Kurt Haas

一人の男性が危険を顧みず、ぬかるみに入り救出に向かいます。体に命綱を結びつけ、腰まで泥に浸かり、ぬかるみの中を進んでいきます。そしてすっかり怯えたインパラのもとにたどり着くと、精一杯の力で泥沼からインパラを救い出そうとします。躊躇することなく男性は自分につけられた命綱をゆるめ、インパラの前脚に結びつけてやりました。

Youtube/Kurt Haas

岸辺では男性の仲間が綱を引き、注意しながら少しずつインパラを安全な岸へと引っ張っていきます。

当初は疲労のあまり、動くことすらままならなかったインパラですが、水をもらいようやく立ち上がるとインパラの群れの中へと駆けていきました。仲間のインパラと比べると、小柄な体つきからまだ子供であることがわかります。

Youtube/Kurt Haas

インパラ1頭では到底この窮地から脱することはできなかったことでしょう。勇気ある男性と仲間のサポートのおかげで、ぬかるみに囚われた状態から抜け出すことができました。

男性と仲間たちの見事な連携プレーに拍手!

出典

NTD

コメント

おすすめの記事