思い難病を抱えた友人を背負い、ヨーロッパ旅行へ

アメリカ・インディアナ州フォートウェイン出身のケヴァン・チャンドラー(29)は、脊髄性筋萎縮症(SMA)という難病を患っています。そのため両手両足が使えず、体の自由が利かない彼は普段、車椅子で生活をしています。26歳のとき、ケビンは医師からこのまま病気の進行が進めば近いうちに酸素供給装置が必要になることを告げられました。彼の活動は、これからさらに制限されることが予想されます。

多くの困難に向き合いながらも、ケヴァンは長年の夢を諦めるつもりはありませんでした。そして、彼の友人たちも気持ちは同じでした。ケヴァンの夢を叶えるため、彼らはある画期的なアイディアを思いつきます。

友人4人に背負われ、フランス、イギリス、アイルランドの名所を周ったケヴァン。本当に良い友人達に恵まれていますね。旅行の記録は、自身のブログでも紹介されています。

これからケヴァンはその旅行記を本にまとめて出版つもりで、その本と、そしてこの先の活動を通じて、世界中の障害者を勇気づけていきたいと願っています。

コメント

おすすめの記事