父親が車の窓に大きなサプライズを見つける

ケヴォン・スミス・シニアはあるとき、人間の優しさについて強く考えさせられるような出来事に遭遇しました。 その日、ケヴォンは3か月になる息子とレストランで朝食をとっていたのですが、こちらをチラチラと見ている年老いた夫婦が向こう側に座っているのに気づきます。

やがて食事を済ませ支払いを終えたケヴォンでしたが、なぜ老夫婦がこちらを見ているのかがどうしても気になったそうです。そして自分の車に戻ったとき、そこで紙切れに書かれたメッセージを車の窓に発見にします。

Happy Birthday Buddy. <3 Patty

「今日のあなたたちの食事の分は、私と妻に払わせてください。神の許す限り、その子と一緒にいる時間を楽しんでください。あなたを応援しています。メイソン」

手紙には食事分のお金が挟んでありました。しかしケヴォンを本当に感動させたのは、お金よりも手紙に書かれていた温かい言葉でした。

「最近は特に、自分の子どもの面倒すら見れない親が増えてきたと思う」自分も父親のいない環境で育ったケヴォンは言います。

ケヴォンは父親として息子に愛情を注ぐだけでなく、息子が求める愛情にできるだけ応えてあげたいという考えを持っています。地元のフットボールチームでコーチを務めている彼は、人生において本当に必要なこと、すなわちチームワークとお互いに尊敬の心を持つことを子どもたちに伝え教えるようにしているといいます。以前はコーチとして給料ももらっていたということですが、現在はボランティアとして地域の若者を指導する立場を務めているそうです。

「人の優しさに応えることができるようこれからも頑張っていくよ」ケヴォンは話します。

彼は、いつか今回のレストランでの出来事について息子にも話してあげるつもりだということです。

愛情を与えることのできる人は、愛情を受けることができる。今回のケヴォンの出来事は、すべての人が優しさとは何かを考えるための大きなレッスンとなってくれることでしょう。

出典

LittleThings

コメント

おすすめの記事