ジョーク: 市長を「豚」呼ばわりした男

ある男性は市長を「豚」呼ばわりした侮辱罪で裁判にかけられていました。

しかし男性に前科がないことから、裁判官は今後そのような暴言を慎むという条件付きで寛大にも無罪判決を言い渡しました。

Pixabay

男性は反省した様子で言いました。「ありがとうございます。率直に申しまして、公の場で豚と呼ぶことに問題があるとは知りませんでした」

「分かりました。もう行ってよろしい」と裁判官。

「ところで、一つお伺いしてもよろしいですか?」と男性は尋ねます。

「どうぞ」と裁判官。

「名誉ある公人を『豚』呼ばわりすべきではないことは分かりました。でもブタを『名誉ある公人』と呼んでもよろしいでしょうか?」

裁判官は微笑み答えました。「そんな風に呼びたがる人がいるとは思えないけれど、気分を害する豚はいないでしょう」

Pixabay

男性はニッコリ微笑み頷くと、法廷を退席します。そして原告の横を通り過ぎる際、こう言いました。

「さようなら、名誉ある公人!」

コメント

おすすめの記事