30年砂地に木を植え続けたインドの男性、今そこに6キロ平米の森が広がる

彼の名はジャダヴ・パイェン。インド北部の町、ジョールハートに住んでいます。

ジャダヴの物語は、1979年の洪水の時に始まります。当時16歳だったジャダヴは、水で押し流した蛇が太陽に干されて大量に死んでいる光景を目撃しました。洪水の起こった一帯には植物が植わっておらず、保水能力がない砂地でした。この地域では当時急激な森林破壊により、このような砂地が広がりつつありました。動物が減り、渡り鳥の数も減っているのをジャダヴは知っていたのです。

GoogleEarth

ジャダヴは役所へ行き、川沿いに木を植えてくれないかと懇願したそうです。しかし植物が再び育つわけがないと彼の意見は却下されてしまいます。村の長老たちにも助けを求めにいったところ、アイディアを笑われてしまったといいます。

それでもジャダヴの心は決まっていました。そして、20本のタケの苗をもって1人砂地へと向かったのです。

誰もこの16歳の少年の考えに秘められた可能性を知りませんでした。

Youtube

ジャダヴは苗を砂に埋まった何もない土地のど真ん中に植え始めました。

その後も、毎日、何週間、何ヶ月、何年間と毎日少しずつ色々な種類の植物を植え続けました。

Youtube

それを35年、続けました。

やがて、ジャダヴが植えた木々が森を形成していきました。

そして今、そこには6キロ平方メートルの森が広がっています。ジャダヴが植えた苗が元となった立派な森です。

その広さ、なんとフットボールコート100個分。

植物だけでなく動物たちも戻ってきました。鳥、サイ、ゾウ、そしてトラも森に戻ってきました。

tiger

ゾウが森に戻ってきたときに周りの地域の田んぼを通り抜けたことが問題になり、農家の人に活動を反対されたこともあります。一時はせっかく元に戻った森を潰そうという声も聞かれました。しかしジャダヴは彼らに根気づよく説明し、森が皆にとって重要な存在であることを説きました。

どれだけ真剣なのかを伝えるために、彼は「木を倒すならその前に俺を倒せ」と言ったそうです。

Youtube

今ではジャダヴはインド・アッサム州のヒーローです。人々は彼のことを「森の守護者」と呼び、彼自身もその呼び名を気に入っているといいます。ジャダヴは現在、森の中にある小さな家に妻と子どもたちと暮らしています。家畜の乳を売って生計を立てる、とても質素な暮らしです。それでも彼は幸せです。

「長年の努力がこんなに美しく実ったのだから」

その意志さえあれば、私たちの一人一人が何かを変える可能性を持っていることをジャダヴは教えてくれます。役所が無理だと言ったことを、彼は一人で変えてしまったのです。

世の中を少しでも良い場所にしたい、この気持ちが大切ですね。素晴らしい!

こちらは、ジャダヴの功績をドキュメントした動画です。(英語音声のみ)

コメント

おすすめの記事