泣かせるビデオ : 最愛の飼い主に最後のお別れをする犬

犬の飼い主への愛は何よりも忠実で深いものです。それゆえに、犬と飼い主の最後の別れは辛く悲痛なものです。

カリフォルニア州在住のライアン・ジェッセンはある日、酷い頭痛とともに起床しました。当初ライアンはただの偏頭痛だと思っていました。しかし、事態は彼の予想を超えてはるかに深刻でした。33歳のライアンは脳出血を起こしており、間もなく昏睡状態に陥ります。

2016年11月の終わり、ライアンの意識は二度と回復しないことが家族に告げられ、厳しい決断を迫られます。そしてついに11月30日、入院先のベッドの上のライアンを囲み、家族と友人達は彼に最後の別れを告げました。

しかし、ある存在がそこには欠けていました。ライアンの愛犬、モリーです。モリーは、なぜ主人が家に戻ってこないのか理解できずに不安な思いでずっと過ごしていました。

家族が病院職員にモリーのことを伝えると、医師達は家族の心情を汲んだ計らいをしました。病院はモリーが最愛の人に別れを告げられるよう、犬が集中治療室に入室することを許可してくれたのです。

ベッドで昏睡状態のライアンを見るなり、モリーはこれが最後の別れであることをはっきりと理解したようだったといいます。モリーは静かに鳴き、鼻をライアンの顔にすり寄せたそうです。最後のお別れでした。

この悲しくも心を揺さぶる瞬間をこちらから視聴できます 。(英語音声のみ)

モリーのような誠実な愛情に満ちた友人さえいれば、人生は素晴らしいものになりそうですね。心からご冥福をお祈りいたします。

コメント

おすすめの記事