亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真を完成させた

ニコールとデオンタ・ベネットは、ミシシッピ州ジャクソン出身の夫婦です。ニコールが2人目の子供を妊娠したことが分かった時、デオンタは、ニコールのお腹が大きい間に記念写真を撮ろうと、プロのフォトグラファーによる写真撮影を予約していました。 しかし、出産予定日の2か月前、撮影が予定されていた数日前にデオンタは突然この世を去ってしまったのです。

家族は悲しみに暮れました。しかし、ニコールは写真撮影をキャンセルすることを拒み、予定通り「家族全員が写っている写真」をフォトグラファーに依頼したのです。その結果がこちらです。

フォトグラファーのシドニー・コンレーは、夫婦が数年前に結婚した際に撮影に使った公園で再び撮影を行なうことにしました。こうして撮った写真に、デオンタの姿を合成して加えたのです。

「家族を見守るように見つめるデオンタの姿を加えた。彼はきっとその場にいたかっただろうし、きっと今もどこかで家族を見守っていると思うよ」

「何か特別なものを残したかったの。息子と、父を知らずに育つ娘にとっても思い出になるようなものが欲しかった」ニコールは言います。

フォトグラファーのウェブサイトに公開されているこの写真は、すでに100,000回以上シェアされています。突然訪れた大切な人の死。さまざまな乗り越え方がありますが、デオンタが見守ってくれているんだという安心感と彼との大切な思い出がきっとニコールと家族の支えになってくれることでしょう。

コメント

おすすめの記事