【死んだらみんな困る】深夜帰宅した母は息子からの1枚のメモを発見する。読み終えた後その場に泣き崩れた。

2018年2月14日のバレンタインデーにTwitter上に投稿された1件のツイートが泣けると話題を呼んでいます。 Twitterユーザーのこきあ(@akoako_0923)さんが投稿した写真は12年前に息子さんからもらった3枚のメモを写したもの。お菓子の缶に詰めて10年以上もの間大事にとって置いたそうです。

Sticky notes

こきあさん曰く、当時病棟勤務だった彼女が息子さんと過ごす時間は限られており、1人でお留守番をさせる事が多く、帰りが遅くなることも珍しくなかったとのこと。そんなこきあさんが仕事に疲れて深夜帰宅すると、テーブルの上には息子さんからのメッセージが書かれたメモが置いてあったそうです。それではどうぞご覧下さい。

 

[email protected]_0923

そこに書かれた言葉を読んでこきあさんは目頭が熱くなるのを感じました。左上のメモは息子さんがお母さんに代わって洗い物をしてくれた時のもので「ここへきたの(に)はあらいものの、ためだな!でもおそかったよ!じゃあな」(原文のまま)と書かれています。上に描かれたキャラクターの「おせーよ!」の言葉は大好きなお母さんを独りで待つ息子さんの正直な気持ちを表しているのでしょうか。

[email protected]_0923

深夜遅くまで働くこきあさんの体調を気遣ってか「死んだらみんなこまる だから気をつけて ほんと…」と書かれたメモからは、どれだけ息子さんがお母さんの事を心配していたのかが文面からひしひしと伝わってきます。息子さんは12年後の今ではすっかり成長し、社会人として立派に生活しているとの事。それでも独りぼっちの時間が多かっただろう息子さんを想って「寂しい想いをさせたな」とこきあさんは語っています。

夜遅くに仕事から帰ってきて、子供からこんなメモが置かれていたらと考えただけで涙が…。どうしたらこんなできの良いお子さんを育てられるのか、是非教えて頂きたいものです。

コメント

おすすめの記事