猫に対する疑問が確信に変わる:2年ぶりに再会した飼い主の声を聞いた猫の行動が独特だった。

猫を愛する人なら誰でも一度はこの疑問を抱いたことがあるのではないでしょうか。この子、私のこと認識してるのかな?と。 犬は飼い主を見れば尻尾を振りますし、飼い主の言うことも聞きます。一方、昔から「猫は三年の恩を三日で忘れる」と言われているほど、猫はツレない恩知らずだと思われているようです。

これまで猫の認知能力は注目されてきませんでしたが、猫もちゃんと飼い主を認識するということが近年の研究によって明らかになっています。 

cat

キャットフード製造会社のカルカンは、2年前に離ればなれになった猫に元飼い主の声を聞かせてみたという実験動画をYouTubeで公開しています。

「(子猫時代は)ちっちゃくてね、この(手のひらに)乗っかっちゃうくらいの大きさだった」愛猫くうちゃんと暮らしていた頃を振り返る大野さんの目尻が下がります。埼玉県で暮らす大野さんは、2年前入院のためやむなく愛猫のくうちゃんを仙台に住む知人に譲って以来、くうちゃんと離れて暮らしています。

YouTube/カルカン公式チャンネル

2013年、東京大学大学院総合文化研究科の齋藤慈子講師による実験で、イエネコは「知らない人たちの声には無反応でも、飼い主の声には明らかに反応」するということが明らかになっています。しかし現在10歳のくうちゃんは、2年も離れて暮らした大野さんの声を認識するのでしょうか。不安げに「忘れていたら泣いちゃうよ」と語る大野さんでしたが、結果は意外なものでした。

YouTube/カルカン公式チャンネル

仙台のくうちゃんの元に運んだスピーカーから、大野さん、それから他人がくうちゃんの名前を呼ぶ声を流します。他人の声にはまったく反応を示さないくうちゃん。しかし大野さんの声が流れると、くうちゃんはスピーカーの方へくるっと顔を向け、不思議そうな表情をしています。その後もじっとスピーカーを見つめ耳を動かしています。2年の歳月を経ても、明らかに大野さんの声を認識しています。

YouTube/カルカン公式チャンネル

この様子を見た大野さんは「涙が出てきちゃうよ」と嬉しそうです。

そんな大野さんにさらに素敵なプレゼントが待っていました。実験スタッフが仙台からくうちゃんを連れてきたのです。喜びでいっぱいの大野さんに撫でられるくうちゃんも、まんざらでもなさそうです。 

YouTube/カルカン公式チャンネル

実験の全貌はこちらの動画からご覧いただけます。

齋藤講師の研究では、猫は飼い主を認識して犬のように尻尾を振ったり吠えたりすることはないものの、頭や耳を動かしじっと注意を向けることでちゃんと反応しているそうです。素っ気ない素振りでもちゃんと飼い主のことを認識していると思うと、飼い猫に無視されてもなんだか嬉しいですね。
出典

http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_250327_02_j.html

コメント

おすすめの記事