ジョーク: 昇給を交渉する従業員

古今東西問わず、上司に昇給の交渉をすることはそう簡単なことではありません。上司の反応は?どのようにすれば昇給を了承してもらえるのか? この男性はある奇策を思いつきました....

Consultant 工作區

数週間ほど迷った後、この男性従業員は意を決して上司の元へ向かいました。

従業員: 「すみませんが、ご相談したいことがあります。少しお時間よろしいでしょうか?」

上司:「もちろん、手短に頼むよ。で、相談とは何かね?」

従業員:「あの、私はこの素晴らしい会社で10年間働いてきました。回りくどい言い方はしたくないので、単刀直入に申しますと、給料を上げていただきたいのです」

上司:「う〜ん、正直に言うと昇給にはあまり良いタイミングとは言えないね」

従業員:「ごもっともですが、私は10年間もこの会社に忠誠を尽くして常に真面目に働いてきました。これはお伝えしたくはなかったのですが、現在、他にも4社が私に強い関心を示しているのです」

上司は微笑み、応えました。

上司:「君が我が社の為にずっと頑張ってくれていることは分かっているし、君を失うわけにはいかないね。10%の昇給はどうかね?休暇も3日増やしてあげよう。この契約でどうかね?」

従業員は大喜びですぐに同意しました。

従業員:「交渉成立ですね!ありがとうございます。ご期待に沿えるよう、今後も頑張ります」

上司:「ひとつ聞きたいんだけど、一体どこの企業がそんなに君に興味を示していたんだい?」

従業員は退出しながら呟きました。

 

従業員:「ケーブルテレビ会社と電力会社、クレジットカードの会社に車の販売業者ですよ」

Anxious Pile #ds390

もしかしたらお勤め先にも使える作戦かもしれません。勇気のある方はお試しください。(※注意: その場合、職場関係にヒビが入らない或いは失業・降格しないという保証はありません)

コメント

おすすめの記事