入国審査官は日本人男性を前に笑いをこらえようとしていた。こんなとんでもないパスポート写真は、初めてだった。

Twitterユーザーの大曲都市(@Tosche_E)さんは、パスポートを更新した際、今まで使っていたパスポートを回収されてしまうのではないかと心配していたそうです。それもそのはず、大曲さんが学生時代から10年間持っていたパスポートには渡航歴はもちろん、それ以上に大切な思い出がつまっていたからです。

とにかくすごいので、見てください。

ちょんまげ!日本人であることを主張しすぎなパスポート写真で、10年間も通したなんて信じられません。

大曲さんによればチョンマゲ頭は申請にはまったく問題ない髪型なのだとか。

VOID(無効)という文字の穴をあけられ返却されたパスポート、無事に残すことができて良かったですね。国々それぞれの入国審査官に変な目で見られてしまう可能性大ですが、度胸のある方は試してみてはいかがでしょうか。 

コメント

おすすめの記事