上司にツイッターがバレてクビになったスイス人銀行員。その極限変態ぶりに日本中から共感が集まった?!

いつの時代も、変態はいるものです。世の中は以前よりも寛容になり、オープンに変態性を口にできる時代となりました。 HENTAI、それはもはや日本のオタクカルチャーに組み込まれた、歴とした文化なのかもしれません。

しかしこの強烈な「変態紳士」を目にしたら、日本の変態など生ぬるいと思ってしまうかもしれません。

YouTube/Melon pan

YouTube/Melon pan

彼の名は「メロンパン」。インターネットで名を馳せる、スイスの筋金入りの変態紳士です!
日本のオタク文化にハマってしまう外国人は後をたちませんが、アニメをこよなく愛し、フィギュアや漫画収集に没頭するその姿は、私たち日本人でもちょっとドン引きしてしまうレベル。

YouTube/Melon pan

メロンパン氏は自身のYouTubeチャンネルでアニメのシーンをコスプレで再現するなどの暴走を繰り返しており、インターネットで2016年頃から「こいつはヤバい!」と話題になり始めました。

こんなクレイジーで謎多きメロンパン氏、これだけの労力をアニメにつぎ込めるなんて、親のスネをかじる引きこもりのニートなの?と思ったことでしょう。が、それは違います!

YouTube/Melon pan

実はメロンパン氏は、スイスのUBSという世界有数の銀行に勤めるスーパーエリート。
ご存知の通り、スイスは世界でもっとも物価が高い国のひとつ。したがって俸給もかなり高額、ということで高い給料を全てアニメに注ぎ込んでいるのでしょうか?!

そんなエリートなメロンパン氏ですが、最近になってちょっと雲行きが怪しくなってきたと話題になっています。

『ツイッターが上司にバレてしまって窮地に突入。変態に理解のある人だとばかり思っていたのに! 斯くして嘗てない程の難問に直面している。アカウントを削除するか、心を入れ替えるか、はたまた新しい仕事探すか。難問だ!』

なんとオタク道に暴走するツイッターアカウントが上司にバレて、アカウントを削除するか、仕事を辞めるかの究極の選択を迫られていると言うのです!筋金入りのオタクであるメロンパン氏にとって、アカウントは命そのもの。一体どんな決断を下したのでしょうか…

『みんなの有り難い言葉、しかと胸に響いたよ!決めたよ!例え無職になろうとも変態道を貫く!ボクがうpしている写真や動画で、雇い主であるUBSのイメージが損なわれるのは承知しているけど、それでプライベートを変えなくてはならないのはどうしても納得が行かない。スイスは自由な変態国家である!』

変態道を貫く決意をしたようです。
どんな苦境に瀕しても、自分の好きなものを貫く…少しメロンパン氏がかっこよく見えてきましたね!
でも、無職になってしまったら、大好きなアニメのDVDも買えないのでは?

『DHLで働き始めたよ!』
宅配便のDHLで働き始めたようです。
今度はうまくいきますように!

『苦情の嵐の所為で、DHL入社一日目でもうクビにされた。 潔くUBSに戻って、顔が知られていない部にでも応募してみようと思う。 ロリ好きの変態紳士をやっていると色々と大変だけど、頑張る!』

早速クビになってしまったようです。残念。
以前勤めていたUBSに戻ることを画策します。
結果…

『ボクのような変態をUBSはもう雇ってくれないそうなので今は日本のAV業界に挑戦してみようと真面目に考えている。両親の了承は得ているし、AV男優や汁男優の需要は高いだろうから。成功を祈っててね!』

今度は日本で新たな可能性にチャレンジするようです!
前途多難なメロンパン氏の人生、両親もさぞや呆れていることかと思いきや…

『両親に「なりたいものになって、幸せに生きるんだよ?」と言われてきた。そんな助言あってこそ、ボクはロリロリなおにゃのこが大好きな引き籠もりになったわけだ!』

応援してくれているようです!

理解ある、素晴らしいご両親ですね!

いかがでしたか?世間からの逆風の中、自分の好きなことを貫くメロンパン氏は素敵(?)ですね。スイスだけでなく、オタクの聖地日本でも変態旋風を巻き起こしてくれることを期待しています!メロンパン氏のYoutubeチャンネルはこちらからご覧になれます。性的でなおかつ劇的に過激なコンテンツを含みますので、あくまでも、くれぐれも自己責任でお願いします…

コメント

おすすめの記事