アメリカ人旅行者が撮影した100年前の日本人の姿「美しすぎる」と話題に

今から約100年前の1918年(大正7年)。当時の日本人はどのような暮らしをしていたと思いますか?ドラえもんの「タイムマシン」でもなければ知り得ないことの様に思えますが、実はそんなこともないんです。

1914年~1918年まで日本を旅行していたアメリカ人のエルスナー・ヒルトン氏。彼が日本各地で撮影した当時の人々の生活の様子が垣間見れる写真の数々が「美しすぎる」と日本のみならず、海外からも賞賛の声があがっています。それでは、どうぞご覧ください!

1.無邪気に笑う子どもたち

Happy Children

2. 浜辺で仕事中の女性たちの一瞬の笑顔

Women with Nets

3.占いをしてもらう女性

Fortune Teller

4.相撲をとる若者たち

Sumo Wrestling Match

5.お花見に集まった人々

Group Portrait

6.舟を出す漁師たち

Launching a Boat

7.お地蔵さんにお辞儀をする青年

Buddhas in the Snow

8.潮干狩りをする女性たち

On the Shore

9.絹を紡ぐおばあさん

Silk Industry

10.舞のお稽古に励む少女

Geisha Dancer

11.機を織る少女とそれを見つめる少年

Weaving

12.カメラに興味津々な子どもたち

Crowd Scene

13.「釣れたぞ!」と誇らしそうな青年

Showing Off His Catch

14. 屋根の葺き替え作業をする人々

Thatching the Roof

15.旧帝国劇場

Imperial Theater, Tokyo

16. ノミの腕を振るう男性

Master Wood Carver at Work

いかがでしたか?大正時代の日本人の姿を見て、ひとつだけ大きな違いに気づきます。それは誰一人として「ピース」をしていないということ。ピースサインが日本で流行りだしたのは、1972年に井上順がカメラのCMでアドリブでピースサインをしたことに由来します。大正時代の日本人がピースをしていないのも、うなずけますね。

プレビュー画像:©︎flickr/A.Davey

出典

プレビュー画像:©︎flickr/A.Davey

コメント

おすすめの記事