【直前の衝撃写真】ヨガエクササイズ中に25メートルの高さから落下した23歳

メキシコ、ヌエボ・レオン州サン・ペドロ在住の大学生アレクサ・テラザス(23歳)。大学では栄養学と健康科学を専攻し、趣味はヨガ、健康志向の強い今どき女子です。

そんなアレクサを先月末、悲劇が襲いました。その日、自宅でヨガエクササイズをしていたアレクサは危険なエクササイズに挑んでいました。

アレクサの自宅はアパートの7階。地上約25メートルの高さのベランダの手すり外側に頭を下にしてぶら下がるアレクサ。危険極まりないエクササイズの様子を友人が写真撮影しています。近隣の住民によると、今回が初めてではなく、これまでに幾度もアレクサの危険なエクササイズ現場を目撃しているそうです。

上の写真が撮影された直後、悪夢のような事態が起こります。アレクサは手すりから滑り落ち、地上に落下してしまったのです。

アレクサはすぐに緊急搬送され、11時間に及ぶ緊急手術を受けました。奇跡的に一命を取り止めることはできたものの、骨折110箇所以上、当分3年間は歩くことができないだろうと宣告を受けました。顔と体は今後も外科手術で治療を続けなければいけません。

幸いにも死こそ免れることはできましたが、元の生活に戻ることは絶望視されています。まだ23歳のアレクサが今後、できる限り回復を遂げることができるよう、願うばかりです。

プレビュー画像:©︎Twitter/JavoRayado

 
出典

9gag,

elimparcial,

mirror

プレビュー画像:©︎Twitter/JavoRayado

 

コメント

おすすめの記事