不名誉なブサイク1位に選ばれたアインシュタイン稲田。しかし授賞式で放った言葉に世界一のイケメンだと思った

現在、破竹の勢いで活躍しているお笑いコンビと言えば、アインシュタインでしょう。稲田直樹河井ゆずるが2010年に結成したこのコンビ、関西ではかなり前からその名が知られていましたが、2019年に放送されたテレビ朝日系のトークバラエティー番組「アメトーーク!」がきっかけとなり、全国的に大ブレイクを果たしました。

1

コンビの特徴は、何と言っても2人の容貌のコントラスト。強烈にインパクトのある外見の稲田さんとイケメンの河井さんの掛け合いが絶妙で、今やテレビで見ない日がないほど。飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍の幅を広げています。

1

そんなボケ担当の稲田さんは2019年末、多くの人の期待に応える形で(?)、「よしもと男前ブサイクランキング2019」でぶっちぎりで1位に輝きました。2位のりんたろー。(EXIT)に3万2,617票に大差をつける、独走状態でした。

行われた表彰式では、「ごめんなさい。波乱なし」「僕が弱い者いじめしているみたい。もう雑魚ばっかり。相手にならないです」と貫禄の発言を連発し、会場を湧かせました。

しかし「これだけは言っておきたい」と稲田さんが続けた言葉が、男前すぎるとインターネットで話題になっています。

実際にそのツイートをご覧ください。

「これは特に取り上げてほしい言葉なんですが…僕はプロです。プロのブスです。だから何を言われても大丈夫ですが、間違っても一般の人にアインシュタインの稲田に似てるなとかは絶対に言わないでください。特に女の子。冗談でも言うのは絶対にやめてあげて下さい。気をつけて。言葉のナイフです。」

この言葉は大きな笑いを取ると同時に、気遣いを感じられてカッコイイ、男前だという声が続出。Twitter民も大興奮です!

世間の一般人に対する「ブサイクいじり」の風潮に一石を投じる稲田さんの男前な気配り。実際に稲田さんがその発言をしている動画は、以下よりご覧になれます。自己責任でご覧ください動画を見た後、惚れてしまっても責任は取れません!

コメント

おすすめの記事