現代的な感覚を持ったインスタグラマー、傑作ディズニー映画に物申す?!

今週いよいよ公開になる話題作と言えば、実写版の『アラジン』でしょう。イギリスの名監督ガイ・リッチーを監督に迎え、ウィル・スミスなど実力派の俳優が有名なキャラクターを演じることでも話題になっています。一体あの夢に溢れた映画が、実写でどうアレンジされるのか、楽しみでもう待てない!なんて人も多いはず。

そもそもオリジナルのアニメーション映画『アラジン』(1992)は『リトル・マーメイド』『美女と野獣』『ライオン・キング』などと並び、ディズニーの第2黄金期の傑作と言われています。イスラム世界の『千夜一夜物語』に題材を取ったこの作品はディズニー史上最高クラスの興行成績と賞賛を受けました。

1

『アラジン』のもっとも印象的なシーンは、何と言っても魔法のじゅうたんでアラジンとジャスミンが名曲『ホール・ニュー・ワールド』をデュエットしながら世界を旅するシーンでしょう。世界を知らないお姫様のジャスミンをアラジンがこっそりと連れ出して世界を見せてあげる…ああ、なんてロマンチックなシーンなんでしょう!

そんなアニメーション映画『アラジン』をきっと気にいるはずだろうと思って自分の娘に見せてあげたお母さんがいます。娘の名はマディソン、4歳。イマジネーション溢れる映画にさぞやご満悦かと思いきや…

Instagram/simply_madisonjade

どこか不服げですね。

理由を尋ねたお母さん、その答えに思わず笑ってしまいます。

※実際に動画をご覧ください。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Madison Jade (@simply_madisonjade) on

「だってさ、ジャスミンは別に1人で世界を見に行けたよね?男の子を待ってる必要なくない?アラジンだって、自分で自分の世界を変えられたハズ。ママ、お姫様は自分で自分のことを救えるんだよ」

言われてみればそうですね。現代を生きる少女として、マディソンには納得いかないものがあったようです。

この饒舌な女の子マディソンは、歯に衣着せぬ物言いで人気のインスタグラマーで、4歳にして20万人以上のフォロワーを獲得しています。この動画も、マディソンに対して「よく言った!」と称賛のコメントで溢れかえりました。

1

いかがでしたか?時代の感覚の変化に合わせ、「王子様に出会ってお姫様は幸せになりました」というストーリーの定番パターンは変わりつつあります。同じくディズニーの『アナと雪の女王』などはその典型的な例でしょう。けどご安心を!実写版の『アラジン』は、より現代的なアレンジが加えられているようで、劇場に足を運んだファンからは満足の声が聞こえてきているので心配はご無用です。週末は劇場へGo!ですね。ぜひシェアしてください!

コメント

おすすめの記事