コロナで自宅隔離中のこの男性誰だか分かります?ピアノに手を置いた瞬間アッとあのメロディが蘇った

新型コロナウイルスの影響で、自粛ムード全開の今日この頃。自主的に家にこもっている人も多いのではないでしょうか。

しかしウイルスに影響を受けているのは、何も日本だけではありません。ウイルスの感染拡大を受けて、家で自主的に自己隔離しているあるイギリスの大物作曲家が、SNSで話題になっています。

実際にその動画をご覧ください!

自宅でくつろいだ様子でピアノを披露するこの男性…

Facebook/Andrew Lloyd Webber

「ジーザス・クライスト・スーパースター」、「エビータ」、「キャッツ」、「オペラ座の怪人」、「サンセット大通り」など、数々の傑作ミュージカルを生み出して来た、アンドリュー・ロイド・ウェバー氏ではありませんか?!

andrew

ロイド・ウェバー氏は新型コロナウイルスの拡大を受け、自主的に自宅で待機している様子。その時間を活用して、Facebookユーザーからリクエストを募り、世界中に動画を届けているのです!

記念すべき1曲目(上の動画)は「オペラ座の怪人」より“All I Ask of You”でした。
そして2曲目…こちらも「オペラ座の怪人」の“Wishing You Were Somehow Here Again”。

この粋な試みに、世界中のファンが大感激!
「先の見えない不安な時に、本当に心にしみた」「音楽は私たちの傷を癒してくれる」「ファンのためだけに弾いてくれるなんて、本当に信じられない」など…不安を感じている多くの人々の心にロイド・ウェバー氏の奏でるピアノは染み入ったようです。

いかがでしたか?ロイド・ウェバー氏のファンでもそうでなくとも、ぜひ動画にコメントしてみてください。皆さんのリクエストを、世界のロイド・ウェバー氏が実際にピアノで弾いてくれるかもしれませんよ?!楽しみです!

コメント

おすすめの記事