4時間ずっと笑顔のまま動かない動画を投稿する男性。このあと起こる、身の毛もよだつ出来事を彼は想像もしていなかった。

2018年、小学4年生の「なりたい職業ランキング」で堂々の3位にランクインした職業・YouTuber(ユーチューバー)。 イギリスでは子どもの3人に1人の憧れの職業となっていて、テレビでは観ることができないような独創的なコンテンツで若者から絶大な支持を受けています。そんな中、ネット上で、ひとりのYouTuberの投稿する動画が「怖い」と話題を呼んでいます。

YouTube/ Benjamin Bennett

そのYouTuberの名前はベンジャミン・ベネット(Benjamin Bennett)。彼の配信する動画は、なんとカメラを4時間もの間、ひたすら笑顔で座りながら見つめ続けるというもの。部屋の隅に座り、まばたき以外は4時間何もせず、ずっと座っているだけ。「シンプル・イズ・ベスト」が正しいとすれば、彼のパフォーマンスはまさにその究極体と言えます。でもその怪しげな微笑みをジッと見ていると、なぜか背筋がゾワっとするのは私だけでしょうか。

YouTube/BenjaminBennett

「でも、そんな動画誰が見るの?」と思いますが、ベンジャミンが2014年に投稿した第1回の動画の再生回数はすでに75万回を超え、チャンネル登録者数も19万人に到達しています。まさに「捨てる神あれば拾う神あり」で、どんな物にも需要と供給は発生するようです。

YouTube/BenjaminBennett

べンジャミンが投稿した動画の中でも、第5回の動画がYouTubeで大きな反響を呼んでいます。彼の最近の投稿の平均再生回数は3~10万程度ですが、この動画はすでに310万回以上も再生されているのです。実際に動画を見てみると、2:35:45あたりから「ガタッガタッ」と誰もいないはずの家から物音がし始めます…。

YouTube/BenjaminBennett

2:36:36秒あたりでベンジャミンの背後のドアが開き、誰かが「ハロー?」と声をかけたかと思うと、そのままドアを閉めて去って行きました。実はコレ、強盗の瞬間を捉えていたのです。しかし、強盗が部屋に入ってこようとしてる最中もベンジャミンは笑顔を忘れず、その場を動こうとはしませんでした。

YouTube/BenjaminBennett

この勇敢ともクレイジーともとれるベンジャミンの対応がネットで話題となり、彼のチャンネル登録者数は一気に増加。今ではベンジャミンのことを知らないYouTuberはいないほどです。

YouTube/BenjaminBennett

芸術として評価する声もあるベンジャミンのパフォーマンス。周囲の声など気にせず、これからも我が道を突き進んでいってもらいたいですね。強盗がベンジャミンの家に侵入する第五回の映像はこちらからご覧いただけます。

コメント

おすすめの記事