「彼を抑えておくのは不可能でした」- 機内で制御不能になった少年と母親への周囲の対応に驚かずにはいられない

短距離であろうと長距離であろうと、飛行機のファーストクラスを選ぶ理由は、心地よく快適に、かつ最高のおもてなしを受けるため。 しかし時には、思わぬ事態に遭遇することがあります。

frist class

今年8月、アメリカ テキサスに住むロリ・ガブリエルさんは4歳になる息子のブライセン君と共にサンディエゴからヒューストンへのフライトを予定していました。飛行機が大好きなブライセン君、しかしこの日は座席に大人しく座るどころか、離陸前からシートベルトを外し、「ファーストクラスに行きたい」と言って聞かず、床に座り込んでしまいました。

自閉症を患うブライセン君、この日はパニック発作を起こしてしまっていたのです。乗客への申し訳なさと制御不能な息子に、母親のロリさんは途方に暮れ、困り果てていました。

そんな中、客室乗務員の手助けで、なんとか離陸をしたブライセン君とロリさん。シートベルトランプが消えると、客室乗務員はブライセン君を床に座らせ、そして彼の希望通り、ファーストクラスへと案内をしたのです。

first class2

ファーストクラスに移動後、ブライセン君は今度はなんと、他の乗客の席を蹴り出してしまったのです。ここでも他の乗客に懸命に謝罪をするロリさんに、返ってきた返事はなんと「気にしてないよ」の一言。さらには、彼はブライセン君に自己紹介をし、ハイタッチのパフォーマンス。また、他のファーストクラスの乗客もブライセン君と自己紹介し、スマホの写真を見せたり、彼が座りたい時に座らせたりなど、母親のロリさんが想像していなかった行動が次々と起こりました。

フライトが終わった頃、さらにロリさんを驚かす出来事が起こります。彼女はある一人の女性から雑誌を破いて書いた手紙を受け取ったのです。そこに書かれていた内容に彼女は驚きました。

そこには、「私はあなたの強さを称賛します」、「(周囲に)迷惑を掛けている、重荷になっているなんて思わないでください」ロリさんを勇気付ける温かいメッセージが書かれていたのです。そして最後には「スーパーウーマンであり続けてください」と最大級の応援メッセージが書かれていました。この手紙を書いたのは、この航空会社の非番の客室乗務員の女性でした。

ロリさんは、この親切な心温かい乗員と乗客に感謝をし、Facebookに投稿。多くの人から感動のコメントが寄せられたとのことです。ブラインセン君の行動で一時はフライトが最悪なものになると予想したロリさん。そんな彼女を心から安堵させた周囲の人々の寛大な対応に心が温まりますね。

ちなみにロリさん、後日この客室乗務員の女性と再会を果たし、感謝の気持ちを直接伝えることができたそうです。その様子はこちらからご覧になれます。

出典

https://finders.me/articles.php?id=1340

コメント

おすすめの記事