ジョーク: 拒絶されたボディビルダーの話

若い女性を自宅デートに誘ったボディビルダー。食事の後、2人はソファでワイン片手にくつろいでいます。 3杯目のグラスを空けると、ほろ酔いになったボディビルダーはおもむろにシャツを脱ぎました。

「ちょっと、何これ?!凄い胸筋!」と女性。

「ダイナマイト級だろ?」ボディビルダーは誇らしそうに筋肉をピクピクさせて言いました。

Pixabay

調子に乗ったボディビルダーはそのままズボンを脱ぐと、あらわになった脚を目の当たりにした女性は感嘆の声を上げました。

「すっごい太腿!」

「ダイナマイト級だろ?」またしてもボディビルダーは得意げに言いました。

Pixabay

賛辞を浴びてすっかり調子に乗り、ボディビルダーは下着を脱ぎました。すると全裸のボディビルダーをしかと見た瞬間、女性は一目散にアパートから走り出しました。ボディビルダーは急いで服を着ると、女性の後を追います。

ようやく女性に追いついて、なぜ急にアパートから慌てて出て行ったのか尋ねました。

「だって、ダイナマイトの導火線を見たら…すごく短いんだもの」

コメント

おすすめの記事