ディズニーでキャストに「カバンに何かついてますよ」と言われて振り返った。その手を見て心から驚嘆した

ディズニーランドは、言わずと知れた夢の国。貧しい幼少期を過ごしたウォルト・ディズニーが、子供時代に叶えることのできなかった夢の数々を詰め込んだものがディズニーランドだと言われているように、園内は隅々まで魔法のような魅力に溢れています。

1

時間を忘れて楽しんでほしいという思いから時計が設置されていない、清掃員も兼ねるパフォーマーが常に巡回しているためゴミがほとんど落ちていないなど、園内には夢の時間を過ごしてもらうための様々な工夫が凝らされています。

そしてそれを支えているのは、キャストと呼ばれる園内で働く人たち。徹底したプロ意識の高さで、常にゲストを素晴らしい対応で迎え入れます。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by @do_nichi_canoe on

今回Twitterで投稿されたある画像も、ディズニーランドで巡り合った夢のようなひと時を切り取ったものと言えるでしょう。

実際にそのツイートをご覧ください!

[email protected]_he_art

え、葉っぱが…ミッキーの形に切り抜かれている?!😍
なんて魔法のような計らいでしょう!

Twitter民の反応

いかがでしたか?こんなツイートを見てしまった日には、またあの魔法の国に訪れたくなってしまいますね!しかし今度行くときは、夢の国を陰で支えるキャストの方の敏腕っぷりに注目してみても良いかもしれません!

コメント

おすすめの記事