スーパー入り口でペットの連れ去りを機転を利かせて阻止した男性、Twitterで注意喚起|スーパーやコンビニの前にペットを繋ぐのは危険! 

スーパーやコンビニの前で繋がれて飼い主を待つ犬の姿。日常でよく目にする光景です。実際にこの記事を読んでいる読者の中にも、愛犬とお散歩途中に、ちょっとした買い物に立ち寄ることのある人は多いのではないでしょうか。 店頭近くに繋いで、ほんの数分、急いで買い物を済ませ愛犬のもとに戻ってくる...ごく当たり前の日常の一コマのようですが、実は危険な落とし穴が潜んでいるのです。

スーパー入り口で思わずゾッとするような現場を目撃した男性。注意喚起のために男性がTwitterに投稿した内容は世の愛犬家たちを震撼させるものでした...

Random dog

一部始終を見ていた投稿者の男性が不審に思い、声を掛けなければトイプードルは見ず知らずの他人に連れ去られていたことでしょう。飼い主にとっては背筋が凍りつくような話です。連れ去り未遂を目の当たりにした投稿者は、トイプードルの飼い主が戻るまで待ち、事情を説明しました。普段から通い慣れているお店だから、飼い主もついつい大丈夫だと思い込んでいたそうです。

22062010(001)

今回は違和感を感じてもそのまま見過ごすことなく、声を掛けた投稿者の勇気と心遣いのおかげで難を逃れることができました。その機転の利いた見事な対応に、多くの愛犬家から賞賛の声が寄せられています。

Guusje, Lóis' sister

しかし、残念ながらこうした犬の連れ去りは決して珍しいことではないようです。特に、ヨークシャーテリアやミニュチュアダックス、チワワなど小型犬は連れ去り被害に遭いやすいそうです。また、一方でラブラドールレトリーバーのような人懐こく警戒心の薄い犬種も狙われることがあると報告されています。

Woof!

スーパーやコンビニなどで買い物中に繋いでおいた愛犬を連れ去られたという事例以外にも、庭で遊ばせていたら侵入した何者かに連れ去られたというケースもあります。外出先では目を離さないよう注意することはもちろん、自宅でも庭に出す場合は目を離さないよう心がけたほうがよいでしょう。「可愛いから魔が差した」といった信じられない身勝手な理由や、転売などの悪質な目的で犯人は犬は連れ去るのです。

万一、愛犬を連れ去れらた場合は警察に被害届を出すとともに、保健所に通報し、似た犬が保護されたら連絡をもらえるように手配しましょう。SNSに連れ去り被害を報告し情報提供を呼びかけたことで発見に繋がったというケースもあります。

Marty

飼い主と愛犬の幸せな生活を脅かすペットの連れ去り。突然、大切な家族の一員を奪われた飼い主の悲しみは筆舌に尽くしがたいものがあるでしょう。今回の事件は日常生活の中に潜む危険性と、日頃から危機意識を抱き未然に連れ去りを防ぐことの重要性を教えてくれます。

出典

twitter

コメント

おすすめの記事