動物のように展示された人々の10枚の写真

19世紀、「フリークショー」と呼ばれる見世物が全米で人気を博していました。身体に奇形のある人々は、まるで動物園の動物のように見世物小屋に陳列されていたのです。 当時、彼らにとっては、好奇の目で見つめる群衆の前に立つことが唯一の生活の糧でした。奇形があることを自ら売り出し、自立した生活を送る人もいましたが、子どもたちや精神障害を抱えた人たちは、興行主の思うがままに利用されて生涯を送りました。

現在でも「自分たちと違う」と、他人をジロジロ見る人がいることは確かですが、幸いにも人間を見世物にする行為は厳しく禁じられています。これからご紹介する10人は、当時のアメリカを沸かせたフリークショーのパフォーマーたちです。

1. アニー・ジョーンズ

1865年、アメリカで生まれたアニーは、5歳の頃にはすでに立派なもみあげとヒゲを蓄えており、「ヒゲ少女」としてフリークショーで有名になりました。

2. 「シュリッツ」

「シュリッツ」という芸名しか残らないこの男性は、頭蓋骨が極端に小さな小頭症で生まれました。頭蓋骨が小さいため、脳の発育が悪く、70年の生涯を通して3歳児の知能のままだったとされています。全米各地や海外でのフリークショー公演で名声を博しました。

3. ヒルトン姉妹(デイジー&バイオレット)

腰で繋がった結合双生児の姉妹は、1930年代に歌手、ダンサーとして活躍。しかし興行主に騙されて利用され、貧困の中で亡くなりました。司法解剖の結果、デイジーがインフルエンザで亡くなった後、2日間バイオレットは生きていたことがわかりました。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Polly Waleigh Sills (@sillspolly) am

4. エラ・ハーパー

エラは膝の関節の奇形を抱えて生まれ、両手をついて移動することを好みました。19世紀末、「ラクダ少女」の芸名でサーカス団と共に全米をツアーしました。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Es Increible (@es_increible) am

5. ルース・ベリー

アザラシ肢症と呼ばれる手足が短い奇形で生まれたルースは、「ペンギンガール」「ミニヨン(フランス語で「小さくて可愛い」の意)」と呼ばれていました。2人目の夫となった元軽業師とともに1960年代末までステージに上がり続けました。

6. マートル・コルビン

1868年、テネシー州に生まれたマートルは、ウエストから下に2つの骨盤を並べて持つ非常に珍しい二殿体で生まれました。2つの骨盤にはそれぞれ、2本の足と完璧な性器が備わっていました。13歳から「4本足の少女」としてフリークショーで活躍したマートルは19歳で結婚し、5人の健康な子どもを出産しました。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Vintage: History & Memes (@vintage_history) am

7. ルチア・ザラテ

1864年に生まれたメキシコ人ルチアは、成人しても身長51cm、体重は2kgでした。彼女が所属していたサーカスのトラックが真冬の興行先を移動中、雪で足止めを食らい、ルチアは低体温症でわずか26歳でこの世を去りました。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von historical post (@historicalposts) am

8. ファニー・ミルズ

1860年に遺伝性のリンパ浮腫の一種であるミルロイ病を抱えて生まれたファニーは、若い時からすでに水が溜まった巨大な足をしており、枕カバーを靴下として履いていたそうです。自立して歩くことはできませんでした。各地の祭り会場に出向き、1週間に150ドル稼いでいました。現在の価値に換算すると、4,000ドル(約40万円)ほどになります。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von The women of the past. (@ladies_of_history) am

9. グレーディ・スタイル

指の軟骨の異常で指の一部が欠損した状態で生まれたグレーディは、「ロブスター・ボーイ」の芸名で活躍。指の奇形を受け継いで生まれた2人の子どもたちと共に、「ロブスター家族」として全米各地を公演しました。1988年、娘の婚約者を殺害したグレーディは、4年後自ら銃で命を絶ちました。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Redrum Blonde (@redrumblonde) am

10. ビル・ダークス

前頭鼻骨形成異常奇形症候群で生まれた1913年に生まれたビルの顔には、深い溝が走っていました。顔の奇形が理由で、通学を拒否され授業を受けることができませんでした。40歳でフリークショーの一因となったビルは、「2つの顔を持つ男」としていつも3つ目の目を顔の真ん中に描いていました。

ビルはこの新しい職場で、魚鱗癬と呼ばれる皮膚病で生まれ「ワニ肌女」と呼ばれていたミルドレッドと出会い、恋に落ち結婚にしました。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Weird Historian (@weirdhistorian) am

普通の外見でないことで観衆を沸かせたフリークショーの黄金時代は大昔に幕を閉じました。残されたわずかな写真と伝説めいたエピソードが、見世物としてたくましく生きるしかなかった彼らの存在を私たちに教えてくれます。

出典

Horrorfakten

コメント

おすすめの記事