大ヒット映画「ボヘミアンラプソディ」のフレディ・マーキュリーの声にそっくりなモノマネ歌手マーク・マーテル

伝説のロックバンド「クイーン」のボーカルとして、世界を熱狂の渦に巻き込んだ歌手フレディー・マーキュリーの半生を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」は、日本でも社会現象を起こすほどの大ヒットを記録したのが記憶に新しいですが、もうご覧になりましたか?

pin

今回みなさんに紹介するのは、歌声がフレディー・マーキュリーにソックリとネットで話題の歌手マーク・マーテルです。百聞は一見にしかず!まずは、こちらの動画をご覧ください。

いかがでしたか?まるでフレディ本人が目の前で歌っているかのようなその美しい歌声に、動画を観た多くの人から感動の声が相次いでいます。

pin

それもそのはず、なんとマークはクイーンのドラマーであるロジャー・テイラーが呼びかけたツアーメンバー・オーディションに応募し、見事合格。全米ツアーを見事こなした実力派歌手なのです。

pin

マークの声は映画「ボヘミアン・ラプソディ」での演奏シーンでも採用され、マークの歌声とフレディ本人の声、そして主演のラミ・マレックの声をミックスしたものが使われています。

pin

彼の歌声を聞いた海外の人たちからは「フレディの生まれ変わり!?」や「目を閉じて歌を聞いたら、フレディにしか聞こえない!」と言った称賛の声が寄せられています。

pin

生まれ変わりは真のフレディ・マーキュリーファンからすれば、多少言い過ぎな感じもしますが、ただのそっくりさんではない事は、彼の類稀なる歌唱力が証明しています。

フレディーが残していった過去の音源だけで映画の演奏シーン全てをカバーするのは技術的に困難だったそうで、解決策を映画監督等が協議した結果、白羽の矢が立ったのがマークだったそう。でも、たしかにこれだけの歌唱力がある彼なら、劇中歌の声に選ばれるのも無理はありませんね。これからの活躍に十分期待ができそうです!

コメント

おすすめの記事