NYのハグが大好きなゴールデンレトリバー

ときに私たちは愛情のこもったハグや触れ合いを誰しも必要とします。そしてどうやらそれは人間だけでなく動物も同じようです。

ニューヨークのチェルシー地区に暮らすゴールデンレトリバーのミックス犬「ルブティーナ」は地元ではちょっとした有名犬です。なぜならこのルブティーナ、ハグが大好きな超フレンドリー犬なのです。

毎日、飼い主のセザール・フェルナンデス・チャベスと一緒に出掛けるルブティーナ。そのお散歩風景は一風変わっています。人間が大好きなルブティーナは見ず知らずの他人とただ打ち解けるだけではなく、前脚でしっかりとハグして親愛の情を示してくれるのです。

「多くの人がルブティーナのお陰で良い一日になったと言ってくれます。きっと仕事で疲れ気味の人々をルブティーナが癒しているのかもしれません」とセザール。

事の起こりは2014年、バレンタインデー当日でした。

「ルブティーナは僕の前に座って、僕の手を両前足でしっかり掴んでくれたんだ。少なくとも僕にはバレンタインデーに手を繋いでくれる誰かがいるって友人にふざけて話したのを覚えてるよ」とセザール。

それ以来、ハグをすると喜ぶ人が多いということに気づいたのでしょうか、積極的にハグをするようになり、Instagramに登場するなど近隣で名の知れた存在となったのです。

博愛精神に満ちたフレンドリーな犬、ルブティーナが今後も街角での出会いを通して、多くの人々に微笑みをもたらすことができますように。

コメント

おすすめの記事