日本人はルーブル美術館で館長を「血を見たいか」と脅した その3日後 起きたことに度肝を抜かれる

以前イミシンでは、文豪の妻の悲惨なエピソードの数々を紹介しました。(ちなみに、海外版はこちら)そう、文豪を含む芸術家には、エキセントリックな人物が多いもの。

エキセントリックだからこそ優れた芸術を生み出せるのか、芸術に親しむ過程でエキセントリックになっていくのか…どちらが真相なのかは定かではありませんが、エキセントリックがゆえに珍エピソードに事欠かないのが芸術家という生き物。

今回紹介するのは、文豪ではなく画家の珍エピソードの数々。

実際にそのツイートをご覧ください!

サルバドール・ダリ

[email protected]

パブロ・ピカソ

[email protected]

藤田嗣治

[email protected]

斎藤吾朗

[email protected]

フィンセント・ファン・ゴッホ

[email protected]

マルク・シャガール

[email protected]

岡本太郎

[email protected]

葛飾北斎

[email protected]

いかがでしたか?こんな画家の面白エピソードの数々を紹介している進士 素丸さんの著作「文豪どうかしてる逸話集」はこちらから購入できます。興味がある人はぜひ手にとって読んでみてくださいね!

コメント

おすすめの記事