【避けることができた悲劇】交通事故写真を公開し、運転手と同乗者に注意喚起する女性

過去に戻ってあの事故を避けることができれば...事故に遭遇した多くの人が願うことでしょう。 アイルランド在住のグラーニア・ケーリーもその一人です。

2006年、当時22歳のグラーニアは恋人の運転する車に乗車中、事故に巻き込まれてしまいます。不注意にも助手席のダッシュボードに足を乗せていたことが、さらに深刻な事態を招くことになりました。

pin1

雷と雹の悪天候の中を走行していた車は突然スリップ、コントロールを失った車は正面から壁に衝突。勢いよく開いたエアバッグがグラーニアの脚を押し上げ、膝が強力な力で顔に激突しました。咄嗟に反応することもできないほどに一瞬の出来事でした。顔面骨折、2本の歯に加え、脳液の一部も失ったグラーニア。その顔は本人とは判別できない状態でした。

顔面の損傷は著しく、グラーニアは何度も手術を重ねなければいけませんでした。2007年、状況は悪化します。複雑な手術の最中、医師はグラーニアの額を半分切除せざるをえませんでした。

それから2年というもの、グラーニア

出典

Dailymail

コメント

おすすめの記事