カナダ大会で首位発進した羽生結弦。しかしその背後に近寄る黄色い影にゾッとした

先日カナダで行われた19-20フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケート・カナダ(Skate Canada International 2019)男子シングル・ショートプログラム(SP)。 羽生結弦選手が、2位に大差をつけての109.60点で首位に立ちました。

ほぼノーミスで演技を終えた羽生選手を待っていたのは、大歓声と、そしてくまのプーさんシャワー。羽生選手はくまのプーさんの大ファンとあって、勝利の瞬間にはファンたちによってプーさんのぬいぐるみがリンクに投げ込まれるのが、毎回の恒例行事のようになっています。

しかし今回だけ、何やらおかしなことが起きたのです。

[email protected]

[email protected]

え…?

 

 

デカッ!

何と羽生選手の大ファンが、巨大なクマのぬいぐるみに赤い服を着せてプーさんに仕立て上げ、さらに可能な限りスケートリンクに近い座席を確保して投げ入れたのです!
恐るべき執念です!

投げ込まれた巨大クマさんは、最終的にフラワーガールに回収され、無事に羽生選手と面会を果たしたそうです。それにしてもこんなに熱狂的なファンを持てて…羽生選手はさぞ幸せでしょう!

コメント

おすすめの記事