犬用の安価なロープのおもちゃの危険性

ペットとの別れはいつか必ず訪れるもの。でも、その時がくるまでは、健康に天寿を全うして、幸せに暮らしてほしいと飼い主なら誰もが願っているでしょう。

ところが少しの不運と不注意で、この願いが完全に打ち砕かれてしまうことがあります。インドリア・タックラーはFacebookに愛犬サムが突然亡くなった悲しみを綴っています。サムの命を奪ったのは小さな犬用おもちゃでした。

「犬の飼い主の皆さん、ロープのおもちゃに気をつけて!

すべての犬の飼い主の皆さんへ:私は愛犬サムのためにロープボールを買った。犬が噛んでも壊れないくらい頑丈そうに見えたから。でも、気づいたときは後の祭り。1日ももたずに、サムが破壊してしまっていた。残ったのは少しの残骸だけ。私は残骸を片付けながら、サムが飲み込んでいないことを願った。でも願いもむなしく、サムはボールを飲み込んでいた。そしてボールはお腹の中でほどけてサムの腸にひっかかっていた。

獣医に腸を切断するしかないと言われた。手術では、サムの腸に引っかかった約1メートルのロープを取り除き、腸を36cmも切り取ることになった。でも、ロープによる腸の損傷はひどく、2日後に私のサムは死んでしまった。手術後、すぐに敗血症と胃内出血が起きたのだ。

詳細

そのおもちゃはどこで売っていますか?
すべての大手ペット用品チェーンで。

耐久性はどの程度?
たった一日で壊れた。

飲み込んだ後の症状は?
嘔吐、下痢、水をガブガブと飲む、食欲不振。
これらの症状は、胃の問題、寄生虫感染などと混同される可能性がある。

レントゲンでもロープを見つけにくい場合がある。

どのような治療が必要?
手術のみ

同じような事故が起きやすいのは?
すべての犬に危険がある。うちの犬は1歳2カ月だった。

ロープボールはなぜ危険?
ボールがほどけると長いロープになり、犬が飲み込んでしまう。

長いロープは腸を縛り、内臓に損傷を与える。『ロープは犬が飲み込むことができる最も危険なおもちゃだ』と警告している獣医もいる。犬にこんな危険なおもちゃを売るべきではない。サムの死は避けることができた…

できるだけ多くの人にサムの死を知ってもらうことで、少しでも多くの犬の命が救われることを願っている。」

犬は家族の一員です。サムと同じ悲しい運命をたどる犬が増える前に、安全性が保証されたおもちゃのみが販売されるようになることを願います。

コメント

おすすめの記事