ケージの中に見つけた傷ついた犬。家に連れて帰った後、見せた行動は心温まるものだった。

アメリカのフィラデルフィアに住むカイラ・フィルーンは、近所の動物シェルターに収容されている犬を定期的に散歩に連れていくというボランティア活動をしていました。 ここでカイラは一匹の犬と運命的な出逢いを果たします。 

ケイラが犬用ケージの脇を通りすぎると、収容されたばかりの犬に気づきました。若いピットブル犬で、胸には真新しいネームタグが下がり「ラス」と書いてあります。

ラスは、静かにカイラを見つめているようでした。カイラは、ラスがひどい扱いを受けてきたことを悟ります。目を背けたくなるほど、ひどく傷ついていたのです。

数日後、カイラはラスを敷地内の庭に散歩に連れていきます。ラスは彼女の後をついてくるように歩き、カイラが手から与えたスナックもおとなしく食べました。

カイラの心を打ったのは、散歩を始めた直後からラスがカイラ寄り添いたい、抱きかかえられたい、といった表情を見せていたことでした。どうやらお互いに何か感じるものがあったということのようです。

翌日もカイラはシェルターを訪れ、今度は敷地の外へラスを散歩に連れていきました。途中でカイラが座ると、待っていましたとばかりにラスがカイラの膝の上によじ登ってきたそうです。

このときすでにカイラは、ラスと散歩の後に別れるのがつらいと感じ、シェルターに戻ると、その場でラスを引き取る手続きを済ませました。

ラスはカイラに引き取られて以来、ずっと彼女の元を離れようとしません。 

カイラが大学の宿題をしているときも、ラスはずっと彼女に寄り添っていました。

今では彼らはお互いにもう離れることのできない存在です。

ここまで心を通わせ合えるペアは本当にうらやましいですね。まさに運命のコンビといえるのではないでしょうか!

出典

Today, Facebook

コメント

おすすめの記事