コロナ感染で亡くなった夫が家族に残したメッセージがスマホの画面に…

感染者や犠牲者が増え続ける新型コロナウイルス。重症化して入院すると、たとえ死期が近づいたとしても家族と面会することも叶わないことが、患者や家族にとって二重の苦しみとなっています。

米国コネチカット州に住むジョナサン・コエリョ は32歳の若さでしたが、新型コロナウイルスに感染し、重篤化し入院を余儀なくされました。改善の兆しが見えたものの、状態が急変し、挿管による気道管理に移ることに。そのときにジョナサンは死を覚悟し、妻と二人の子どもに最期の手紙を書きました。

そして、2020年4月22日、ジョナサンは急逝。コロナウイルスによる肺疾患COVID-19により、全身の臓器にダメージが生じていたため、医師らはジョナサンを人工的な昏睡状態にして治療を試みました。その昏睡状態のなかで32歳の彼の心臓は突然、機能不全に陥ったと医師らは説明しています。

悲しみに暮れたジョナサンの妻ケイティに、病院スタッフから夫の所持品が渡されました。そのなかにあったジョナサンのスマートフォン。電源を入れると、画面に自分と2人の子どもに宛てられた別れの手紙が表示されました。

死の間際にジョナサンが妻と2人の子どもにささげた優しい最期の言葉は、ケイティのFacebookで公開され、世界中に哀悼の気持ちを広げています。

ジョナサンの別れの手紙:

「君たちを心から愛しているよ。君たちのおかげで僕は望みうる最もすばらしい人生を送ることができた。君の夫であること、ブレイディンとペニーの父親であることをとても嬉しく、誇りに思っている。

ケイティ、君ほど思いやりがある素晴らしい人を僕は知らない。君は本当に特別な人。どうか僕が君を愛したのと同じくらいの情熱で幸せな人生を全うしてほしい。君のすばらしい母親ぶりを見るのは本当に素晴らしい経験だった。

ブレディンに伝えてほしい。彼は僕の親友、そして僕は彼の父親であることを誇りに思っていると。そして彼のこれから成し遂げることすべてが僕の誇りであると。

ペネロペに伝えてほしい。彼女はプリンセスで、人生でやりたいことは何でもできると。

僕は本当に幸せだ。

僕と同じように、君や子どもたちを愛してくれる人に出会ったら、どうか自分のことまずを考えてほしい。僕は君たちには何があってもいつも幸せでいてほしいんだ。」

夫の最期の言葉を読んだケイティはFacebookに悲しみに打ちひしがれた心境をこう書き綴っています。

「ジョナサンは今朝、突然の心不全で亡くなりました。彼の状態はここ数日で改善しており、私たちは彼は大丈夫だと考えてました。

でも今朝になり、看護師から、どうして、なぜそんなことが起きたのかまったく分からないと、夫の死を告げられました。

その後、私は彼の横にしばらくの間、座ることを許されました。私は泣き、子どもたちと私がどれだけ彼を愛しているかを伝えました。

そしてジョナサンのスマートフォンを受け取りました。電源を入れると、彼からのメッセージが表示されました。挿管の前日に書いたのだと思います。

私たちは今、何も考えられないほどの苦しみに襲われています。心はもう砕け散ってしまったかのようです。子どもたちと私はジョナサンなしで残りの人生を過ごさなければならないのです。どうすればいいのか分かりません」

ジョナサンは別れの手紙で、どれだけ家族を愛しているか、家族との生活がどれほど大切だったのかをもう一度家族に伝えました。世界中の多くの人が、彼の想いに共感し、彼の早すぎる死を悼み、大切な人を失った家族の喪失感や痛みに心を寄せています。

また、彼の早すぎる死は、新型コロナウイルスの恐ろしさを改めて世界に伝えることにもなりました。

ジョナサンのご冥福を祈ると共に、残された家族の心に1日も早く平穏が訪れますように。

プレビュー画像: © Facebook/Journey for Braedyn

コメント

おすすめの記事