コロナウイルスの感染拡大がもたらした意外な効果|私たちのあり方を考えさせられる

新型コロナウイルスが私たちの生活を脅かし始めてから、早くも数ヶ月が経ちました。果たして、ワクチンは開発されるのか?それとも、コロナはこのまま永遠に私たちの生活の一部となってしまうのか…多くの人がそんな先の見えない不安の中過ごしているのではないでしょうか。

しかし私たちの頭を悩ませていたのは、何もウイルスの脅威だけではありません。

活動の自粛を余儀なくされることで、経済が停滞し、失業する人やうつ病の人が増え、それによる自殺者が増えてしまうのでは?そんな懸念が常にあったと言えます。

しかし…今回飛び込んで来たニュースは、あまりにも驚くべきものでした。

厚生労働省によると、2020年4月の全国の自殺者数は前の年の同じ月に比べ359人少ない1455人。なんと昨年よりも19.8%も減ったことがわかったのです。少なくとも最近5年間では最も大きな減少幅で、偶然とは思えないほどの減り方です。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、大切な人がいつもそばにいてくれることや、職場や学校に行く機会が減ったことで、人間関係の悩みが少なくなったことが要因ではないかと考えられています。

自殺者が増えることが予想されていた中、まさか劇的に減ってしまうとは、なんという皮肉な結果…

Twitterの反応

いかがでしたか?もちろん、本格的な経済の停滞がやって来るのはこれからなので、まだ結論を出すには早すぎるかもしれませんが、ウイルスと同じように、人間関係の歪みが招く害悪も多くの日本人にとって深刻な問題だったことは間違いないでしょう。ちなみにこの現象は日本特有のもので、他国では見られないものです。日本の今後の仕事や学校の今後のあり方を真剣に考えさせられてしまいます。

プレビュー画像: / © Twitter/PSYCO_NANOHA

 
出典

プレビュー画像: / © Twitter/PSYCO_NANOHA

 

コメント

おすすめの記事