コロナで卒展が中止になった人が憂さ晴らしで作った【天使にラブソングを】替え歌。0:57にコーヒー牛乳を吹き出した

中国・武漢市から広がったコロナウイルスは、今や5大陸に広がりを見せており、日本国内でもついに全国の小中高校に臨時休校の要請が出されるなど、大きな影響が出ています。

確かにウイルスの拡大を防ぐために、学校を封鎖することは一定の効果が見込めるかもしれません。しかしもし楽しみにしていた卒業式やイベントなどが潰れてしまったら…?

今回するのは、とある芸術系高校に通う学生のツイート。どうも、楽しみにしていた卒業制作展が中止になってしまったようです。

その悲哀を替え歌で表現した動画が面白すぎると大きな話題を呼んでいます。

百聞は一件にしかず!
実際にその動画をご覧ください!

映画「天使にラブ・ソングを…」の名曲「Hail Holy Queen」に合わせてつけられた(嘘の)字幕。しかしそのあまりのシンクロぶりに、思わず吹き出してしまいそう!😂

これにはTwitter民からも多くの共感が寄せられました!

いかがでしたか?確かに、学業の集大成となる卒業式や卒業展示がなくなってしまうのは、悲劇としか言いようがありません。けれども、やはり感染の拡大を防げるのであればそれも仕方ないという意見もあります。皆さんはどう思いますか?

コメント

おすすめの記事