【神対応】ツバメの巣作りを見守る道後温泉のローソン

日本三古湯」の一つに数えられる愛媛県松山市の道後温泉を訪れていたTwitterユーザーのunya(@unya41447845)さん。夜、町を散策中に見かけたコンビニの看板に思わず目を惹かれました。

Twitter/unya41447845

その看板とは、青と白が目印のコンビニ大手「ローソン」のもの。不思議なことに「LAWSON」の’L’の字だけ灯が消えていたのです。「店の顔」ともいえる看板の電気が切れていたら、すぐに修理・交換をするはず…。なのにこのローソンでは、なんと2年間も看板の電気が消えたままだというのです!

では、一体どうして電気が消えたまま放置されているのでしょうか?これにはある意外な理由がありました...。

Twitter/unya41447845

少し看板に近づいてみると…なにか’L’の字の脇に影のようなものがあるのが見てとれます。さらに近づいてみると…

Twitter/unya41447845

そう、なんとそこにあるのはツバメの巣!店の看板に巣を作って子育てに励むツバメをそっとして置いてあげるローソンの対応にunyaさんは心を打たれ、その様子をTwitterに投稿しました。

日本でも古くから害虫を食べてくれる益鳥として大切にされてきたツバメ。しかし最近では巣が「汚い」「病気が心配」といった理不尽な理由から毎年、沢山の巣が駆除されてしまい日本全国のツバメの数は減少傾向にあるそうです。 

pin

店のお客さんの中にはツバメの鳴き声やフンに不快感を覚える人もいるでしょうが、それでもツバメの子育てを見守ろうとするローソンを応援する声が、unyaさんの投稿には多数寄せられています。

道後温泉のある愛媛県松山市は「つば九郎」でお馴染みのプロ野球東京ヤクルトスワローズのキャンプ地ということもあり、ツバメとは縁の深い町だそう。「汚いから」とツバメの巣を壊すのではなく、このローソンのオーナーさんのように共存の道を歩もうとしてくれる人が日本でもさらに増えるといいですね。

ツバメの減少についてもっと詳しく知りたいという方は、こちらの記事をご覧ください。

コメント

おすすめの記事