夫亡き後に発見、テーブルの裏にずっと隠れていた妻宛のメッセージ 

父親が亡くなった後、男性は父親が母親のために昔作ったという作業台を解体していました。 しかし台をひっくり返した際、裏になにやら文章が書かれていることに気づきます。それは、父がその昔作業台を完成させた際に母へ宛てて書いて隠した愛のメッセージだったのです。

男性がネットに投稿した画像がこちらです。

imgur

「2月26日、父が亡くなった。動脈破裂。51歳だった。これは母が金属彫刻にはまり始めた頃に父が母の為に作った作業台。裏にあったメモ書きにはこう書かれていた:

愛しているよ、ベッカ。

今日が何曜日であろうと、それが君にとって良い日になることを願っている。

神様は僕の祈りに答えてくれ、君を僕に与えてくれた。

これが人生最高の日々になることを知っているし、そこに君がいることを嬉しく思うよ。

君がこれを読む日が来るかわからないけど、もし今読んでいるのであれば、僕が君をとても愛しているということを伝えたい。

この人生で欲しいものは、ただ1つ。君が僕にとってそうであるように、僕も君にとって良い存在になること。

それができれば僕は、この世で一番幸せな男になれると思うんだ。

美しい奥さん、君を愛してる。

メイソンより。」

メッセージからは、妻が夫からいかに愛されていたかがよく伝わってきます。少し切ない、美しいエピソードですね。

コメント

おすすめの記事