暇だったので猫ちゃんにキーパーをやらせてみた男性 しかしボールを蹴った瞬間目を疑った

猫ちゃんの動体視力は人間よりもはるかに優れているなんてウワサがありますね。ボールを投げたりすると、信じられないほど見事にキャッチするなど、その高いアビリティの片鱗を見せつけられている飼い主さんも多いのではないでしょうか。

そして先日、その運動神経を証明するかの動画がTwitter上で大きな話題を呼びました。

実際にその動画をご覧ください!

ニャンということでしょう!猫ちゃん、飼い主さんが繰り出すシュートを次々と奇跡的な動体視力でスーパーセーブしているではないですか!

[email protected]

ニャンビリーバボー!!

動画を投稿したのは、サッカー関連の動画を作って人気を博しているYouTuberのクリス・ディクソンさん。この動画も瞬く間に世界中で話題になり、テレビで取り上げられるなど大きなバイラルになりました。

猫ちゃんの動体視力が優れていることは知っていましたが、まさかこれほどとは…驚きですね。

しかしこの動画が投稿されてから数日後…
さらに驚くべき事実が明らかになります!

クリスさん、自身のYouTubeチャンネルに、突如としてあるビデオを投稿したのです。
そのタイトルはズバリ…「フェイク動画を投稿したら、世界中が信じちゃった!」

 
なんと、スーパーセーブを連発する猫ちゃんは、合成を巧みに使って生み出された偽映像だったのです!
動画の11分30秒あたりから、クリスさんがどのようにこの動画を編集していったのかが明らかになります。

YouTube/ChrisMD

クリスさんは、このようにSNSに流れてきた映像を、ロクに精査することもなくリツイートしたり放送したりすることに対し、警鐘を鳴らしたかったと言います。

これに対して、「うわ!してやられた!」と肘を打ったユーザーもいれば、いくら警告を発したかったからと言っても、世界中を騙したことに対して「何様なの?」と不信感を持ったユーザーも見受けられました。

いかがでしたか?即効性を重視しがちなメディアに対する、猫パンチのような鋭いカウンターアタックを食らわせたクリスさん。メディアのあり方を思わず考えさせられてしまいますね。

プレビュー画像: / © Twitter/chrismd10

出典

プレビュー画像: / © Twitter/chrismd10

コメント

おすすめの記事