一見ただの西洋画だと思った。しかし上に付けられたキャプションを見た瞬間心臓が飛び出るかと思った

西洋画。その源流をたどれば、フランスやスペインの洞窟の壁に描かれた、ラスコーやアルタミラの洞窟絵画まで遡ります。その後、ルネサンス、バロック、ロココなどの多くの様式を経て、現在のような不動の芸術的地位を確立しました。

美術館で展示されている西洋画を鑑賞するたびに、その長い歴史を肌で感じ取り、「一体画家はどんな意図でこの絵画を制作したのだろう?」…そんな風に思いを馳せることでしょう。

しかし一体どこの誰でしょうか、このハッシュタグを考え出したのは…「 #オタクな西洋画 」を知ってしまってからは、もう決して同じように西洋画を鑑賞することは不可能です。

実際にその世にもオタクな西洋画の数々をご覧ください!

いかがでしたか?不思議なほど現代のオタクたちの行動とマッチする西洋画に描き出された人々の仕草。しかし人の営みというのは、国や時代を超え、オタクだろうと中世の西洋人だろうと関係なく共通しているのかもしれませんね。と、うまくまとめたかったんですけれども、いや、でもやっぱりこれ、こじつけだろう😂

コメント

おすすめの記事