救急車と白バイが生んだ天皇皇后両陛下の感動エピソード

2019年6月2日、愛知県名古屋市で開催された「第70回全国植樹祭あいち2019」にご臨席なさった天皇皇后両陛下。令和初の地方御公務となったこの日、天皇陛下の御車列に起こったあるエピソードが「感動的だ」とネットで大きな話題を呼んでいます。

Twitter/sayakawa3838

その時の様子を撮影していたのは、TwitterユーザーのTZ(@sayakawa3838)さん。厳重に警護されながら走る両陛下のお車をツイ主さんが撮影していたとき、後ろからサイレンを鳴らした救急車が近づいてきました。恐らく急病人を搬送中と思われる救急車にカメラを向けた次の瞬間、TZさんは驚くべき光景を目の当たりにしたのです。

Twitter/sayakawa3838

なんと両陛下の御車列を警護していたバイクが、さっと救急車の前を走り、先導。両陛下がお乗りになられるお車はその場で一時停止しました。

Twitter/sayakawa3838

救急車が御車列を追い越したのを見計らって警護のバイクは退避。両陛下の御車列は再び目的地に向かって走り出したのです。

Twitter/sayakawa3838

Twitter/sayakawa3838

救急車や消防車などの緊急車両が接近しているにもかかわらず、交差点に侵入したり、道を譲らないなどの不法行為が日本中で多発する中、ネットでは両陛下のお車の対応に「国の象徴が行動であるべき姿を表してる」や「こういう時の対応もマニュアル化されていて、白バイ隊員も頭に叩きこまれているんですね」といったコメントが多数寄せられています。

交通道路法に基づき、救急車やパトカーなどの緊急自動車がサイレンを鳴らし、赤い警光灯をつけて走行している場合、一般車両は左側に寄って進路を譲らなければなりません。

pin

しかし、残念なことにこうした法律を守らない運転手が増えているのもまた事実です。天皇陛下のお車を見習って、皆が「当たり前のことを」当たり前に守ることができる社会になると良いですね。

コメント

おすすめの記事