飼い主、驚愕: 愛猫の毛皮の模様が変わっていく…

数年前、ドイツの片田舎の農場で2匹の生後間もない捨て猫姉妹を見つけたニコル・ベーム。 他に引き取り手も現れなかったため、そのまま子猫を自宅に連れ帰り引き取りました。

子猫はスクスクと元気に育ち、白と黒の毛並みの美しい成猫に成長しました。

 

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Ein Beitrag geteilt von Elli (@elli.vitiligo) am

しかし、ある日...姉妹猫のうちの1匹エリの姿に変化が現れたのです。毛皮の黒毛部分に、突然白の斑点が出現。最初は一つだけだった白の点は数を増やし急速に広がり始めました。

 

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Ein Beitrag geteilt von Elli (@elli.vitiligo) am

心配したニコルはエリを動物病院に連れて行きました。そこで医師から受けた宣告は驚くべきものでした。なんとエリの毛皮に現れたものは白斑、つまり「尋常性白斑」を患っていたのです。人間が稀に患うことはあるものの、動物が発症する確率は極めて低い疾患です。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Ein Beitrag geteilt von Elli (@elli.vitiligo) am

幸いにも検査の結果、エリは甲状腺機能異常や眼疾患、貧血など尋常性白斑により併発しがちな症状を発症していないことが判明しました。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Elli (@elli.vitiligo) on

人間の場合、目に見えて分かる皮膚色素の脱色により、多くの患者に精神的なストレスを与える疾患ではありますが、エリの場合、毛皮は脱色が進行しても本猫は全く気に留める様子はなく、以前と変わらない毎日を送っています。

 

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Ein Beitrag geteilt von Elli (@elli.vitiligo) am

日々少しずつ毛皮の模様が変化するエリの様子はこちらのInstagramから見ることができます。

出典

The Dodo

コメント

おすすめの記事