【75年目の再会】97歳の退役兵が大恋愛相手と再び出会う

何十年たっても忘れられない恋。ときに人は忘れがたい大恋愛の思い出を抱えたまま、人生を送ることがあります。 米軍の退役兵KT・ロビンズが恋に落ちた当時、KTは24歳。若く貧しい彼は人生の苦境の中にありました。

1944年、アメリカ兵としてフランス北東の小さな町ブリエーに派兵されたKTはジャニーヌ・ガネィエと出会います。汚れた衣類を洗える場所はないかと探していたKTに、ジャニーヌの母親が洗濯を申し出たのがきっかけでした。KTとジャニーヌはたちまち恋に落ちました。

しかし愛し合う二人の幸せな時間は長続きはしませんでした。出会いから2か月後、KTが所属する部隊のフランス東部前線への派兵が決まり、ジャニーヌと離ればなれになってしまったのです。「必ず戻ってくる」KTはジャニーヌに約束し、重い心で戦地へと向かいました。東部前線でKTが戦闘任務に従事する間、ジャニーヌは英語を学びKTがいつか迎えに来る日を待ち焦がれていました。しかし、皮肉な運命が待ち受けていました。

Youtube/FRANCE 24 English

戦争が終わり、KTはアメリカの故郷に帰還。そして間もなく妻となる女性、リリアンに出会います。ミシシッピ州で工具店を営みながら、2015年にリリアンが92歳で亡くなるまで70年間の夫婦生活を送りました。一方、KTの帰りを待ち続けたジャニーヌも、1949年に別の男性と結婚し5人の子供を授かりました。互いに別々の道を歩むKTとジャニーヌ。結局、2人の恋は戦争によって引き裂かれたのでした。

それでも、戦争から何十年経ってもKTの心の奥底にはいつもジャニーヌとの思い出がありました。もう会うことのない過去の恋人の写真をKTはずっと持っていたのです。あるとき、アメリカのテレビ会社から第二次世界大戦のドキュメンタリー番組に関する取材を受けたKTはテレビ記者にその写真を見せ、フランスにジャニーヌの家族を訪ねに行きたいと語りました。

もしジャニーヌが生きていれば90歳以上。さすがに生存している可能は低いと現在97歳のKTは考えていました。しかし、ジャニーヌの姓名と写真を手掛かりに、ジャーナリストが調べたところ、驚きの事実が判明します。

「ジャニーヌは生きており、今もあなたのことを待っています」ジャーナリストから知らされたKTは驚きを隠せませんでした。

Youtube/FRANCE 24 English

番組によってすぐに2人の再会が計画され、ノルマンディー上陸作戦から75周年目の記念日にあたる2019年6月6日、KTはジェニーヌが現在暮らすモンティニー=レ=メスを訪れ、75年前ぶりの再会を果たしました。

Youtube/FRANCE 24 English

互いに顔を見るなり抱擁するKTとジェニーヌ。75年という長い空白の歳月が消え去った瞬間でした。

「愛してる。いつも君が心の中にいた」KTはずっと大切にしていた若き日のジェニーヌの写真を見せ、彼女に語りかけます。

Youtube/FRANCE 24 English

「私も彼のことが忘れられませんでした。いつか帰ってくるのではないかと、いつも心の片隅で想っていました」とジェニーヌ。

「でも…約束を果たせずに(それぞれ別々の人と)結婚してしまった…」とKTは悲しげに応えます。

Youtube/FRANCE 24 English

やっと再会できたのもつかの間、数時間後…別れの時が訪れます。この後に記念式典に出席する予定のKT、別れの瞬間が刻一刻と近づきます。2人にとって再び別れを告げるのは辛いものでした。近いうちに再会することを約束し、KTは後ろ髪引かれる思いで車に乗り込みます。涙に頰を濡らし別れのキスをする2人、実は75年前の恋人たちにとってこれが2人の初めてのキスだそうです!

「愛してるよ」と言い残し、KTはジェニーヌと別れました。

Youtube/FRANCE 24 English

2人の感動的な再会の様子はこちらの動画からご覧いただけます(英語音声のみ):

戦争によって出会い、戦争によって引き裂かれた恋人たち。互いを見つめる瞳からも2人にとって若き日の恋が時別なものであったことが伝わります。近い将来、また再会することができますように。

コメント

おすすめの記事