裏切られた花嫁は、ユーモアたっぷりのコメントともにこのドレスをeBayに 出品

この写真に写っているイギリス・チェスターフィールド在住の金髪の女性は、自分の結婚しきで着たウェディングドレスをeBayで売ろうと考えました。 しかし、eBay販売ページの注記欄に彼女が残したコメントがちょっと変わったものだったようです。

Ebay

「私は今回、このアールデコ調にオーダーメイドしたウェディングドレスを売ろうと思います。色はアイボリーです。売ろうと思った理由は、離婚の費用を作るためです。元旦那が全部私に支払いを押し付けていったから!ちなみにドレスはストラップレスで、長いレースのひもをつなげることもできるからイブニングドレスとしても使用できます。すそは床につく長さということもあってちょっと汚れてしまっているので、特別な日に使用するときは事前にドライクリーニングしておくことをお勧めします。卑怯な元旦那が突然結婚をやめにしたいなんて言い出したので、自分でドライクリーニングする時間がありませんでした。このドレスは2014年に新調したドレスです。本当に親には申し訳ないわ、2000ポンド(約26万5千円)も払ってもらっちゃったから!

Ebay

ドレスと一緒にベールも入れておきます。(私もできるだけプリンセス気分になろうと一生懸命頑張ったわ…あの時はね!)ドレスを着ている写真が2枚しかなくてごめんなさい、旦那が他の女と暮らしているってことを知った時にほどんど焼いて処分してしまったの。あんな気持ち悪い顔二度と見たくなかったし!もしあなたが最悪の思い出と散ってしまった夢や希望の詰まったこのドレスを求めているのなら、これはもうピッタリだと思います。このドレスが私にくれた以上の幸せを、これを手にするあなたが得られることを祈ります。まあ幸せになれなかったら…またここで売ればいいんじゃないかしら!もし何か質問があれば…ドレスのことでも、スカンクのような悪臭だけを残してどこかに消えていった元旦那のことでも何でもいいけど、その時はいつでも連絡してください!」

Ebay

このドレスに隠された興味深いエピソードが影響したのか、このウェディングドレスには54件もの入札がありました。さらに驚くべきことに、最終的な落札価格は何と65,900ポンド(約874万円)にも達したそうです。これだけあれば、傷心のこの花嫁も離婚の費用を十分支払えそうですね。

出典

Ebay

コメント

おすすめの記事