かわいいウリ坊を保護したら巨大なイノシシに成長してしまった

2019年の干支は「亥」ですが、イノシシの子供のことを「ウリ坊」と呼びますよね?これは背中に入った縞模様が野菜の縞瓜(しまうり)に似ていることが由来だって知っていましたか?

今日は来年の干支「亥」にちなんで、1匹の小さなウリ坊を保護して話題を呼んだ、あるイタリア人のおじいさんの物語を紹介します。

YouTube/Barcroft TV

イタリア中部の街・フォリーニョに住むラファエレは今から5年前、森で衰弱しきっていた1匹のウリ坊を保護しました。彼がのちにパスクァリーナと名付けたこのウリ坊はどうやら親からはぐれてしまい、森の中を1匹であてもなく彷徨っていたのです。

YouTube/Barcroft TV

その後、ラファエレと妻のドリアナの手厚い看護の甲斐あって、パスクァリーナはわずか2年で体重が45キロもある大きなイノシシに成長。そんなパスクァリーナの成長した姿が、こちらです!

YouTube/Barcroft TV

パスクァリーナを保護したラファエレもまさかこんなに大きくなるとは思っていなかったようで、映画「もののけ姫」に登場する巨大な猪神をも彷彿とさせるその巨体は圧巻です。

2年前は小さなぬいぐるみみたいだったのに、今ではすっかり大人のイノシシに成長したパスクァリーナ。ラファエレが飼っている犬、猫、ロバそしてニワトリたちと一緒に仲良く暮らしており、このサイズに成長しても昔と変わらずラファエレと一緒にソファーで居眠りをするのが大好きだそう。

YouTube/Barcroft TV

YouTube/Barcroft TV

YouTube/Barcroft TV

ラファエレは、パスクァリーナが家の中と外を自由に行き来できるよう家を改築。妻のドリアナはパスクァリーナが泥で床を汚したり、イスを倒さなかっときはご褒美に大好きな「いちごヨーグルト」をあげるそうです。ドリアナの手と比べてみても、どれだけパスクァリーナが大きいか見てとれます。

YouTube/Barcroft TV

一日中外で遊んだあとはパパとママと一緒に晩ご飯を食べ、夜も一緒のベットで寝るそうです。パスクァリーナは家族のように優しくしてくれるラファエレとドリアナに見つけてもらえて、良かったですね!

YouTube/Barcroft TV

YouTube/Barcroft TV

YouTube/Barcroft TV

この動画の再生数は現時点で既に50万回を超え、3千件以上もの「いいね」が寄せられています。動画には「人間と動物が関係を築き上げることができるのは、本当に素晴らしいことだと思う」や「パスクァリーナをここまで育て上げてくれて、ありがとう!」といったコメントがたくさん寄せられています。

YouTube/Barcroft TV

こちらから、パスクァリーナとラファエロのラブラブな様子がお楽しみ頂けます。ちなみにイノシシの成獣は最大で体長100cm~170cm、体重80kg~180kgにもなるそうです。この動画が公開されてから既に3年が経過していますから、今頃パスクァリーナはもっと大きくなっているでしょうね!

コメント

おすすめの記事